公演情報

TRIGGER LINE

トリガーライン 第13回劇場公演
『TRIGGER LINE』


“BSニュース番組「44ミニッツ」に匿名の告発書類が届けられた。
それは、あるテーマパークの安全性を脅かす極秘資料だった……。”


【日時】
2022年11月3日(木・祝)〜11月13日(日)

【会場】
劇場HOPE 
〒164-0001東京都中野区中野3-22-8 B1F

【出演】
杏実えいか  
一岡杏奈    
薄井啓作  
鍜治本大樹(演劇集団キャラメルボックス)
重松宗隆   
清水優華  
土屋いくみ
寺内淳志
林田一高(文学座)
桧山征翔(CEDAR)  
藤原儀輝

【スタッフ】
作・演出   林田一高
照明     黒太剛亮(黒猿)
照明操作   若原靖
音響     平井隆史
演出助手   山近三貴
舞台監督   森脇洋平
宣伝美術   杏実えいか
宣伝写真   保坂萌
企画・制作  トリガーライン
制作協力   尾崎裕子

【協力】
アニモプロデユース
MA パブリッシング
演劇集団キャラメルボックス
ミッシングピース
J-clip
株式会社碗プロダクション


【公演スケジュール・チケット】

■タイムテーブル

11/3(木・祝日) 18:00 ★
11/4(金) 19:00 ★
11/5(土) 13:00 / 18:00 ◎
11/6(日) 14:00
11/7(月)    19:00
11/8(火)    14:00 ★ / 19:00
11/9(水)    19:00
11/10(木) 14:00 ★ / 19:00
11/11(金) 19:00
11/12(土)    13:00 / 18:00
11/13(日)    14:00

◎ 終演後アフタートークを実施予定。

■チケット料金:
・前売り 4600円
・当日  5000円(全公演共通)
★前半割・平日昼割 4000円

※全席指定・税込
※未就学児童の入場不可。
※本公演は、新型コロナ感染防止・拡大防止対策を劇場と連携しながら進めてまいります。お客様のご理解とご了承のほど、よろしくお願い致します。

■チケット一般発売:2022年9月17日(土)12:00~

■お問い合わせ:mail@trigger-line.com

■チケットお取り扱い
◎カルテットオンライン
https://www.quartet-online.net/ticket/ffp78mj

◎トリガーラインチケット専用アドレス ticket@trigger-line.com

トリガーライン HP:https://trigger-line.com/


※11月5日(土)の公演終演後に約20分程のアフタートークを実施。
ゲストに俳優の松尾貴史さん
https://furutachi-project.co.jp/profile/matsuo/
をお招きしてお話を伺います。


トリガーラインとしては、7年ぶりの劇場公演。
新キャスト・スタッフで作る、濃密な時間を
是非、劇場で体験してください。
お待ちしております。

  • Google広告 記事下 468×60

  • online shop

    online shop
  • オモシィ会員登録

    オモシィ会員登録
  • Google広告 サブバー 200×200

  • お詫びと修正

    お詫びと修正
  • 公演情報登録

    公演情報登録
  • 川本成のオレ哲学

    川本成のオレ哲学
  • 書店バナー

    書店バナー
  • anfan

    anfan
  • 15バナーA

    15バナーA
  • バナーomo11_s

    バナーomo11_s
  • オモシィマグ6

    オモシィマグ6
  • mag4banner

    mag4banner
  • omo10_banner_small

    omo10_banner_small
  • banner14s

    banner14s
  • omoshii 13 申し込み

    omoshii 13 申し込み
  • omo7_small

    omo7_small
  • omoshii12

    omoshii12
  • omo9_small

    omo9_small
  • omo8_small

    omo8_small
  • MAG_BANNER

    MAG_BANNER
  • MAG2_RENSAI_BANNER

    MAG2_RENSAI_BANNER
  • Sparkle

    Sparkle
  • 劇場彷徨人・高橋彩子の備忘録

    劇場彷徨人・高橋彩子の備忘録
  • 大原薫 There’s only here

    大原薫 There's only here