公演情報

ルリー・シャバラ 『ラウン・ジャガッ:極彩色に連なる声』

声の民主化?! ジョグジャカルタ⇄京都のリモートセッション!

インドネシアのジョグジャカルタを拠点とする、実験的音楽デュオ「SENYAWA」のメンバーで、ボイス・パフォーマーとして自身のバンド「ZOO」を率いるルリー・シャバラ。今回、自ら開発した即興的コーラス手法「ラウン・ジャガッ」を用いたパフォーマンスの新作を、公募で集まる出演者と、他のミュージシャンとのコラボも多く手がけるバンド、テニスコーツとともに披露する。注目は、コロナ禍で来日できないシャバラが、リモートで出演者や演出家の筒井潤とともに作品を創作し、指揮者不在でパフォーマンスを行う自身初の展開プラン。AIを搭載した色彩システムを即興の手がかりに、演者たちは自由にことばやリズムを変え、他者の声に共鳴させて「声」で遊びながら、セッションを繰り広げていく。音高の変化なしに長く持続される音で、民族音楽や伝統音楽で主に用いられる「ドローン音楽」的要素も今作には欠かせないものとなっている。
声は人間にとって最も身近な楽器であり、「ラウン・ジャガッというコーラスシステムによって、声楽のプロでない人も自由に自分の声を発見できる。とくに指揮者がいない環境は、さらなる “声の民主化”を目指す機会になると思うんだ」(ルリー・シャバラ)。パンデミックの逆境とテクノロジーを活かし、声の可能性を追求したパフォーマンスの新たなフェーズへ向かう本作をお見逃しなく。


■公演日程
10.9 (土) 17:00
10.10 (日) 17:00 ※

※託児サービスあり (詳細・申込は公式サイトよりご確認ください)

上演時間 60分(予定)

開場は開演の30分前


■会場
ロームシアター京都 サウスホール

■チケット料金
前売 一般:3000円/ユース(25歳以下)・学生:2500円/高校生以下:1000円/ペア:5500円
 
当日 前売料金+500円 (高校生以下は同額)
           
*自由席

チケット取り扱い:
KYOTO EXPERIMENT チケットセンター(11:00–19:00、日曜・祝日休[フェスティバル開催期間中は無休])
オンライン|https://kyoto-ex.jp(セブン-イレブン引取)
電話予約|075-213-0820(セブン-イレブン引取)
窓口|京都市中京区少将井町 229-2 第 7 長谷ビル 6F

*オンラインは年中無休、24時間受付 
*その他、ロームシアター京都やチケットぴあなどでも取り扱いあり。


■お問合せ
KYOTO EXPERIMENT 事務局
〒604-0862 京都市中京区少将井町 229-2 第 7 長谷ビル 6F
Tel:075-213-5839(11:00–19:00、日曜・祝日休[フェスティバル開催期間中は無休])Fax:075-213-5849
Mail: info@kyoto-ex.jp


■公式サイト
https://kyoto-ex.jp


画像 Photo by Wandirana

  • Google広告 記事下 468×60

  • online shop

    online shop
  • オモシィ会員登録

    オモシィ会員登録
  • Google広告 サブバー 200×200

  • お詫びと修正

    お詫びと修正
  • 公演情報登録

    公演情報登録
  • 川本成のオレ哲学

    川本成のオレ哲学
  • 書店バナー

    書店バナー
  • anfan

    anfan
  • 15バナーA

    15バナーA
  • バナーomo11_s

    バナーomo11_s
  • オモシィマグ6

    オモシィマグ6
  • mag4banner

    mag4banner
  • omo10_banner_small

    omo10_banner_small
  • banner14s

    banner14s
  • omoshii 13 申し込み

    omoshii 13 申し込み
  • omo7_small

    omo7_small
  • omoshii12

    omoshii12
  • omo9_small

    omo9_small
  • omo8_small

    omo8_small
  • MAG_BANNER

    MAG_BANNER
  • MAG2_RENSAI_BANNER

    MAG2_RENSAI_BANNER
  • Sparkle

    Sparkle
  • 劇場彷徨人・高橋彩子の備忘録

    劇場彷徨人・高橋彩子の備忘録
  • 大原薫 There’s only here

    大原薫 There's only here