ニュース & インフォメーション

英国劇作家サイモン・スティーブンスの新作を森田剛・吉岡里帆が上演!

森田剛を主演に、英国を牽引する劇作家サイモン・スティーブンスが書き下ろす注目作、PARCO PRODUCE『FORTUNE』。まず日本で世界初演し、その後、他の国でも上演されるという。11月28日(木)、制作発表会見が行われ、作家のスティーブンス、演出のショーン・ホームズ、美術のポール・ウィリス、そしてキャストの森田、吉岡里帆、田畑智子、根岸季衣、鶴見辰吾が登壇した。(文・高橋彩子、撮影・洲脇理恵)

NEWS & INFORMATION 2019 11/29 UPDATE

ファウスト伝説やゲーテの戯曲など、様々な作品となっているファウストの物語を、現代に置き換えて送る本作。ファウストに当たる映画監督フォーチュンを演じる森田は「(今回と同じスティーブンスが執筆した)『夜中に起こった奇妙な出来事』をやらせてもらった時(14年)、ものすごく苦労しました。そこにまた飛び込むのは勇気の要るチャレンジでしたが、僕にとって刺激のある舞台なのでぜひやりたいと思いました。今は稽古場で、お互いのイマジネーションをぶつけあって、身体を遣いながらちょっとずつ進んでいます。それぞれが作品に責任をもって、みんなで意見を言い合いながら作っています。日本が初上演なので、日本が一番良かったと思ってもらえるようにしたいです」と意気込む。

また、フォーチュンと運命的な出会いをする映画プロデューサー、マギーを演じる吉岡は、「舞台は私にとって憧れの強いジャンル。映像作品が続いていたので舞台がやりたいと思っていましたが、『FORTUNE』という素晴らしい作品に出会い、ショーンさん、サイモンさん、ポールさんと会って、ものを一つ一つ積み上げていく楽しさを噛み締めています。皆さんと一緒に戦って素晴らしい作品を届けられる努力をし、心を真っ直ぐに演じたい」と声を弾ませた。

さらに、ファウストと契約するメフィストフェレスに該当するルーシー役の田畑は「これまでに演じたことのない役を頂きました。色々な意味で私自身も挑戦なので、今は正直すごく不安でもあり、沢山の期待やワクワクもありますが、今までと違う面を皆さんに見せられたら良いなと思っています。体当たりで臨みたい」、フォーチュンの母キャサリン役の根岸は「イギリス人演出家とストレートプレイをやったことがなかったので、ショーンのワークショップに参加したところ、ものすごく面白くて。シェイクスピアを生んだイギリスの人だなと。それにしても、イギリス人クリエイターはタフですね。どんどん可能性を広げていって面白いんですけど、既にへとへと状態(笑)。楽しく精一杯作っています」、フォーチュンの父・ショーン役の鶴見は「私達俳優の仕事は、留まることなく試して挑戦し続けて、新しいものをどうみつけてどう表現していくか。それに相応しい機会を与えてもらったと、キャスト全員が思っていると思います。文化の違う英日のクリエイターと俳優のコラボレーションから、人類が持つ共通の美意識や倫理観、どう生きるかが表現の中で生まれつつありますし、この作品が世界を巡ると考えると、夢がもてるし、役者冥利に尽きます」とコメント。俳優それぞれが、充実の稽古期間を過ごしていることをうかがわせる。

その思いは、イギリスのクリエイターたちも同様のようだ。
スティーブンスは「今回は素晴らしいチームで最高の作品作りができると思います。(EU離脱などに揺れる)私の国がどんどん小さくなり、他の国々に背を向けつつある今、大陸をまたいでの国際共同制作はこれまで手がけた中でも最も重要と言ってもいいほど大きなものになることでしょう」と述べ、本作が日本で手がける最初の演出作品となるホームズは「二度来日してワークショップや稽古をし、日本について理解し始めていますが、同時に、サイモン、ポール、僕のやり方を皆さんにご紹介できる。そのプロセスを通して、二つの国の中央にあるような、他にはない世界ができ始めていると感じています」、『民衆の敵』に続いて日本で美術・衣装を手がけるウィリスは「私のキャリアの中でももっともチャレンジングでエキサイティングだったのがサイモン、ショーンと作った『ポルノグラフィ』だったので、また彼らと組んで『FORTUNE』を創作できることは、夢がかなった思いです。私は昨年初めて、日本で仕事をするという大きな経験をしましたが(『民衆の敵』)、また日本で、ここにいる皆さんと一緒に創作ができるなんて、何もかもが信じられないほど嬉しいです」と語った。

サイモン・スティーブンス

なお、音楽はかみむら周平、ステージングは小野寺修二が手がける。日英のアーティストたちによる刺激的な舞台に期待したい。

PARCO PRODUCE 2020『FORTUNE』
2020年1月14日~2月2日 東京芸術劇場プレイハウス
作/サイモン・スティーブンス
演出/ショーン・ホームズ
美術・衣裳/ポール・ウィリス
出演/森田剛、吉岡里帆、田畑智子、根岸季衣、鶴見辰吾 他

 

  • Google広告 記事下 468×60

  • お詫びと修正

    お詫びと修正
  • 15バナーA

    15バナーA
  • バナーomo11_s

    バナーomo11_s
  • オモシィマグ6

    オモシィマグ6
  • mag4banner

    mag4banner
  • omo10_banner_small

    omo10_banner_small
  • オモシィ会員登録

    オモシィ会員登録
  • banner14s

    banner14s
  • 書店バナー

    書店バナー
  • Google広告 サブバー 200×200

  • omoshii 13 申し込み

    omoshii 13 申し込み
  • omo7_small

    omo7_small
  • omoshii12

    omoshii12
  • 川本成のオレ哲学

    川本成のオレ哲学
  • 公演情報登録

    公演情報登録
  • anfan

    anfan
  • omo9_small

    omo9_small
  • omo8_small

    omo8_small
  • MAG_BANNER

    MAG_BANNER
  • MAG2_RENSAI_BANNER

    MAG2_RENSAI_BANNER
  • Sparkle

    Sparkle
  • 劇場彷徨人・高橋彩子の備忘録

    劇場彷徨人・高橋彩子の備忘録
  • 大原薫 There’s only here

    大原薫 There's only here