インタビュー & 特集

「僕たちは似てないけれどすごく合うと思う」橋本汰斗×皆木一舞 対談

サンリオの人気キャラクターたちが大集合するミュージカル、Sanrio Kawaii ミュージカル『From Hello Kitty』が、一部日程の公演中止を経て、 914日(火)より上演がスタートします。ダブルキャストで「なかよくハート」役を務める橋本汰斗さんと皆木一舞さんにお話を伺いました。(取材・文:臼井祥子)

INTERVIEW & SPECIAL 2021 9/21 UPDATE

●サンリオにまつわる思い出を教えてください。

皆木 小さい頃にキティちゃんとダニエルの描かれたコップを使ってました。それが自分の中にすごく染み付いているので、サンリオのかわいい感じは見ると安心しますし、心の拠り所になっています。あと、シンカンセンのメモ帳を持っていて、パラパラ漫画になってたんですよ。かわいいし楽しいし面白い。そんなサンリオの「ミュージカルに出させていただけるので童心に返ってワクワクしています。

橋本 僕は子どもの頃に触れた思い出がないんですけど、お話を頂いてめちゃくちゃうれしかったです。キティちゃんって日本で生まれ育ったら誰もが触れるものなので、そんなキャラクターと一緒に舞台に立てるんだってワクワクして、期待でいっぱいでした。出演が決まってから、一舞と他のキャスト、男4人でサンリオピューロランドに行ってきました。最初は20代の男4人で楽しめるか不安だったんですけど、全員小学校6年生の男子みたいにきゃっきゃしてきました(笑)。

●好きなキャラクターは?

橋本 プリンくんです。最初はルックスと声で、シナモロールが好きだったんですが、プリンくん、舞台上でトコトコ駆け寄ってきて、袖をちょんちょんと引っ張って僕を呼ぶんですよ。心を持ってかれました。

皆木 あざとい(笑)。

橋本 あざといね(笑)。

皆木 僕はシナモロールです。歩き方もしゃべり方も好き。雰囲気に癒やされるし、回った時に耳がふわっとなるのがすごくかわいいです。

●お二人が演じる「なかよくハート」役について教えてください。

橋本 ハーツはハートが具現化した役で、なかよくハートは文字通り「なかよく」担当です。「おもいやりハート」は兄貴的な存在で、「かわいいハート」はかわいくて、その二つのハートをつないでいるのが「なかよくハート」かな?

皆木 サンリオの信念である三つの柱が「なかよく」「おもいやり」「かわいい」なんですけど、「おもいやり」と「かわいい」には混じり合わない要素があって、「なかよく」がバランスをとるポジションなんじゃないかなと思います。

●なかよくするって、お二人にとってはどういうことだと思いますか?

橋本 すごく哲学っぽい質問ですね! なかよくにもいろんなレベルがあるけど、僕のボーダーラインは、普段あんまり人に言えないことを言えちゃったら仲がいいのかなと思います。

皆木 僕はお互いの個性、違いを認めて受け入れることなんじゃないかと思っています。自分と違うものから距離を置いたり、自分にとって都合のいい解釈をしたりするんじゃなくて、違うものは違うものとして受け入れる。相手が自分に興味を持ってくれたらうれしいじゃないですか。そうやってお互いに心を開くことができたら、それがなかよくすることなのかなと。

橋本 すごくわかる。気になる人って自分が持ってない価値観を持ってたりするよね。そういう人に出会うと、僕は気になって聞きに行ったりしちゃうんですよ。自分にはわからない価値観をその人に説明してもらって、例えば僕が好きじゃない絵を好きって人がいたら「どんなところが好きなん?」って聞いちゃう。そうすると心の距離が縮まる気がします。

●お二人は仲いいですか?

橋本 めっちゃいいでしょ。
皆木 (笑)。
橋本 過去にミュージカル『テニスの王子様』で同じ不二役を(違う時期に)やっていたから、お互い認識はしていたんですけど、実際に会ったのはこの作品の衣裳のフィッティングの時だったよね。
皆木 うん。
橋本 お互いよく「ちょっと変わってる」って言われるタイプだから、合いますね。
皆木 心を開きやすいですね。

●お互いのどんなところが変わってると思いますか?

橋本 一舞ちゃんは人を客観的に見る能力が高くて、分析するところ。僕は主観的になりがちなので、もっと客観的な視点を持たなきゃなといつも考えているんだけど、一舞ちゃんどこまで見てたの?って驚くくらい「汰斗くんってこういう人ですよね」って言い当てる。だから自分が主観的になりすぎて困ったら、一舞ちゃんに電話して「どうしたらいい?」って相談しようと思います。

皆木 ぜひ(笑)。(橋本は)すごく素直。興味を持ったことに対しての集中がすごく深くて、それが魅力になっていると思うんですよ。僕はそういうことがあまりないから、逆にそういうものの見方が面白いなと思っています。自分の中に取り入れると、世界が違って見える。色とりどりに見えたりするので、そういうことを汰斗くんに教わっている気がします。

橋本 こういう風に分析してくれるんですよ! 自分のことを改めて客観的に見れます。だから二人とも変わってると言われてても、タイプは違う。

皆木 似てないですね。

橋本 似てないけど、でも大きく見ると似てる部分はどこかにあって、だからこそすごく合う気がする。今回の座組のメンバーって割とそういうやつが多いよね?

皆木 多いと思います。

●この作品では闇の女王が登場しますが、お二人も闇に囚われてしまうような悲しい気持ちになったことがありますか?

橋本 あります。多少、闇落ちしている時期がありました。そういう時は、毎日「変わろう」「自分の状況を把握して変えよう」と思うしかないんじゃないかなあ。ほかの誰かが悩みから引っ張り出してくれることもあるかもしれないけど、それをあんまり期待してもしょうがないので、自分の意思で、何がダメなのか、どうやったら解消されるのか考えて、行動して。それが一番手っ取り早く闇から抜け出す方法なのかなと思っています。

皆木 僕は考えすぎちゃうことが結構あって、しょっちゅう闇落ちしてるんですけど、僕の場合はそんなに長く続かないんですよ。長くても1日2日で元に戻るので、無理に明るくなろうとしないで、気落ちしてる時はしっかり落ちることにしています。自分を奮い立たせるものは自分しかいないから、ちゃんと闇落ちしたら、自分で立ち上がります。そういう時によくやるのは、夜空を見上げること。なるべく晴れてる時がいいです。昼間は空を見ても「空だな」と思うんですけど、晴れた夜に空を見ると「宇宙だな」って感じるんですよ。そうすると、すっごく広い宇宙に、ポツンと地球があって、その中にさらにめちゃめちゃ小さい自分がいて、そんな自分がすごくちっちゃいことで悩んでいるんだなって思えるんです。いい意味で、いろんなことがどうでもよくなって、本当に重要なことだけが自分の中に残る。やるべきことが見えてくる。そうやって一度自分をリセットするのが大事かなと思います。

●ありがとうございます。最後にこの作品の魅力をアピールしてください。

皆木 普段サンリオの世界では描かれないような「闇の女王」とかが掘り下げて描かれるんですけど、サンリオの世界観の生い立ちが、戦時中になんでこんなに人が殺されなきゃいけないんだろうっていうところから希望を見出すために生まれたので、光部分だけじゃなく闇の部分を描くことで自分自身の苦しい状況を重ね合わせることもできるんじゃないかと思っています。このミュージカルを見て、壁にぶつかった時に、自分を奮い立たせる力、乗り越える原動力になればいいなと思っています。ぜひ足を運んでください。

橋本 この作品は(コロナ禍という)今の状況に似てるなと感じる部分も多いんです。戦時中の暗い体験を経て、キラキラしたキャラクターたちが生まれる、その原動力ってどこにあるんだろう。苦しい中からどうやって立ち上がって行くのか。そういうパワーを感じ取れる作品だと思うので、こんな状況なんですが、ぜひ見に来て、パワーを持ち帰っていただけたらうれしいです。


Sanrio Kawaii ミュージカル『From Hello Kitty』は、9月26日(日)まで、IHIステージアラウンド東京で上演します。詳細は公式サイト(https://www.tbs.co.jp/stagearound/fromhellokitty/)にて。


公演映像のディレイ配信が決定!


全公演終了後からの配信となります。

配信期間:9 月 26 日(日)18 時~10 月 3 日(日)23 時 59 分
配信チケット購入期間:9 月 22 日(水)ひる 12 時~10 月 3 日(日)22 時
※チケット購入とディレイ配信の終了時間異なりますので、ご注意下さい。
料金(税込):通常 2,500 円 プレミアムぬいぐるみ付 5,500 円+送料 770 円
配信チケット購入 URL:https://l-tike.zaiko.io/e/fromhellokitty

収録内容
【青年/いちごの王さま:高崎翔太】公演
【青年/いちごの王さま:後藤 大】公演 ※無観客収録
【青年/いちごの王さま:宮城紘大】公演
注)公演内にてカーテンコールを撮影可としておりますが、配信画面のスクリーンショットおよび画面録画はご遠慮頂けますようお願い申し上げます。
注)配信ではミラクルハートライトとのリンクはございません。予めご了承ください。

【高崎翔太 公演】
なかよくハート:皆木一舞/おもいやりハート:田鶴翔吾/かわいいハート:佐野真白 おわらいハート:ですよ。

【後藤 大 公演】※無観客収録
なかよくハート:橋本汰斗/おもいやりハート:岩城直弥/かわいいハート:松井遥己 おわらいハート:NONSTYLE 井上

【宮城紘大 公演】
なかよくハート:橋本汰斗/おもいやりハート:岩城直弥/かわいいハート:松井遥己 おわらいハート:3 時のヒロイン


  • Google広告 記事下 468×60

  • online shop

    online shop
  • オモシィ会員登録

    オモシィ会員登録
  • Google広告 サブバー 200×200

  • お詫びと修正

    お詫びと修正
  • 公演情報登録

    公演情報登録
  • 川本成のオレ哲学

    川本成のオレ哲学
  • 書店バナー

    書店バナー
  • anfan

    anfan
  • 15バナーA

    15バナーA
  • バナーomo11_s

    バナーomo11_s
  • オモシィマグ6

    オモシィマグ6
  • mag4banner

    mag4banner
  • omo10_banner_small

    omo10_banner_small
  • banner14s

    banner14s
  • omoshii 13 申し込み

    omoshii 13 申し込み
  • omo7_small

    omo7_small
  • omoshii12

    omoshii12
  • omo9_small

    omo9_small
  • omo8_small

    omo8_small
  • MAG_BANNER

    MAG_BANNER
  • MAG2_RENSAI_BANNER

    MAG2_RENSAI_BANNER
  • Sparkle

    Sparkle
  • 劇場彷徨人・高橋彩子の備忘録

    劇場彷徨人・高橋彩子の備忘録
  • 大原薫 There’s only here

    大原薫 There's only here