anfan

公演情報

修羅と薔薇

脚本・演出 丸山華
多摩美術大学 映像演劇学科3年Aコース

@多摩美術大学上野毛キャンパス 演劇スタジオ
7月26日(日)・27日(月)

キャスト
御木挙 国分大輝 加藤将太 斎藤舞夏 大塚龍馬 沼尻始
長谷川千夏 森野七渚 片田理萌 菅野浩輔 川村和樹
安廣勇軌 秋本あすか 森島彩夏 川添野愛 安東美瑶
簑田絵里那 計17名

スタッフ
舞台監督 須藤瑞己 プロデューサー 川添野愛
美術 土田寛也 制作 亀海さやか 衣裳 塚本花音
照明 阿部愛美 音響 横尾日咲
他数名 計13名

お問い合わせはこちらへ
「修羅と薔薇」制作部メールアドレス
eien2015aaa@gmail.com


STORY

ー「永遠なのか本当か」ー

Heyhey俺たちYouTuber!!
今日は”銀行強盗”に来てますヒーャァ!!ブンチブンチ
ゆうて、人質めっちゃテンション低くなーい?銀行員やる気なくなーい?警察だるそうじゃなーい?
これまじ下がっちゃうよねぇ!!ブンチブンチYOYO!!
そんなこんなでワーワー言っておりますが、これ…絶体絶命ですわ。

ー29名が送る史上最強スケールの超大作。

Hey yo MC、観客、教えてやるぜ
これが時代の最前線!
これが噂の「修羅と薔薇」hey カモン!

オッサン~Oh!!3~ オッサンはじめました

ファンキーでシュールでいかれた3人がグループを組んだ。その名も『Oh!!3』(オッサン)。
それぞれが数本ずつ脚本を描き、9ステージ毎回違う組み合わせで多種多様な爆笑作品を上演します。

9ステージが毎回違う!って、マジかっ(;゚Д゚)
役者人生最大過酷な公演!って、ナニっ(=゚ω゚)ノ
6日間怒涛の集中稽古!って大丈夫かっ(;´∀`)

平均年齢48歳の血と汗と涙の詰まったオムニバス作品を、ぜひ劇場まで足をお運びいただき、目撃ください!


【場 所】神保町アートスポットラド
(千代田区神田神保町1-3 神保町駅A7出口徒歩1分)


【出 演】 時来組・組長/泉堅太郎
     熱ら・キャプテン/夢麻呂
     東京アザラシ団・団長/穴吹一朗

【日 時】
★5/12(火)19:00~
★5/13(水)19:00~
★5/14(木)14:00~、19:00~
★5/15(金)19:00~
★5/16(土)13:00~、17:00~
★5/17(日)13:00~
★5/18(月)19:00~


【チケット】全席自由・3,500円
 
  ☆ 神田時来組 03-3295-1733
         k_tokigumi@yahoo.co.jp
(ご希望の日時・枚数・お名前・連絡先をお知らせください)

【企画・制作】有限会社神田時来組


※詳細は、公式サイト   http://www.tokigumi.co.jp/oh3/にて

フジバレエ2015

2. 岩田守弘率いるロシア国立バレエ団の「白鳥の湖」全幕 9/13
岩田守弘率いるロシア国立アカデミーブリヤートオペラバレエ劇場バレエ団が、バレエの代名詞「白鳥の湖」(全幕)でフジバレエの取りを飾ります。岩田守弘は、ボリショイ・バレエ団に2012年まで17年に渡り所属し外国人として初めてソリストを務め、2012年からはブリャート国立アカデミーオペラ・バレエ劇場の芸術監督に就任しています。今回は、芸術監督としてだけでなく再びステージに立ち、世界ナンバーワンと称された道化を演じます。
また、日本バレエ界の未来を支えるダンサーたちも出演します。
3. 世界での活躍が目覚ましい“日本バレエ”が全国から集結 9/12
日本のバレエは、世界数々のコンクールで相次ぎトップ入賞を果たすばかりでなく、「世界の有名なバレエ団で日本がいないのは珍しい」と言われるほど世界中で脚光を浴びています。また、日本のバレエ人口は40万人、5000のバレエ教室を有し、世界屈指のバレエ大国となっています。
フジバレエでは、日本の若手バレエダンサーや子供たちが全国から出演します。①国際コンクール上位入賞者を含む若手実力者のエキシビション「GALA」、②アトリエヨシノが贈る子供のバレエ公演「Fairies」、⑤全国バレエスタジオから勝ち抜いた12団体の「感動パフォーマンスフェスティバル」が予定されています。
4. 日本バレエを“習い事”から“芸術”へ。フジバレエは、世界規模・レベルのバレエの祭典を目指す
日本のバレエはこれまで、習い事としては大きく発展を遂げる一方、芸術や商業としては世界から大きく後れを取っています。
フジバレエは、「世界に負けないレベルと規模のバレエの祭典を国内で催し、国内外から日本のバレエが注目され、発展に寄与すること」を目指して開催します。

劇団じゃけん 旗揚げ15周年記念公演

劇団じゃけん VOL.32
15周年記念公演

「陽が昇り そして僕らは生きている」
    
作・演出 難波善明


何をやっても本気になれず、
自分が何をやりたいのか迷いながらも、
ふらふらと暮らしていた青年、矢賀唯一が、
女手一つ自分を育ててくれた母、
琴絵の再婚話をきっかけに、
自分のやりたかったことに気付き、
自分の生き方を決めるまでを
コメディータッチで描いた、
優しさと思いやりあふれる人情劇。


=日時=

2015年5月21日(木)~31日(日)

21日(木) 19:30
22日(金) 19:30
23日(土) 15:00
24日(日) 15:00
25日(月) 休演日
26日(火) 19:30
27日(水) 19:30
28日(木) 19:30
29日(金) 19:30
30日(土) 15:00
31日(日) 15:00


=場所=

オルタナティブスペースRAFT
(東京都中野区中野1-4-4)


=料金=

¥3000


=お問い合わせ=

劇団じゃけん
http://www.ab.auone-net.jp/~jaken/next.html

現代劇作家シリーズ5:J-P.サルトル「出口なし」フェスティバル 参加作品 「出口なし」

2015年5月4日(月・祝)19:00 開演 5日(火・祝)14:00 / 19:00 開演 @d-倉庫

構成・演出 / 矢野靖人
出演 / 三橋麻子、文秉泰、川渕優子、森祐介

[料金]
一般前売 2,500円、当日 2,800円
学生前売 2,200円、当日 2,500円(要・学生証提示)
通し券一般 5,800円、通し券学生 5,000円
*通し券はd-倉庫のみで販売

[会場・アクセス]
・d-倉庫
〒116-0014 荒川区東日暮里6-19-7-2F
03-5811-5399
日暮里駅南口徒歩7分
(JR山手線・京浜東北線・常磐線、私鉄京成線・日暮里-舎人ライナー)

[チケット取扱・お問合せ]
Theatre Company shelf :
tel. 090-6139-9578
e-mail. info@theatre-shelf.org

**チケット予約ページ
https://reserva.be/shelf/reserve

shelf公式サイト
http://theatre-shelf.org/

浅草みちくさライブ12 〜something different!〜

数字の前に、「vol.」を付けるのは古いよね。




麻布十番から蔵前に活動拠点を移してから定期的に開催してきた「浅草みちくさライブ」。
今回で、12回目を迎えることとなりました。

昭和レトロをテーマに駆け抜けてきた浅草みちくさライブがリニューアル!
今回は、イッツフォーリーズきっての若手俳優陣5人が出演。
ミュージカルの舞台で活躍する5人が、ライブの舞台でどのような表情を見せるのか。
今までとはひと味もふた味も違う浅草みちくさライブ、乞うご期待!!


日時:2015年4月23日(木) 1st…open17:30、start18:00/2st…open20:00、start20:30
会場:ライブハウス浅草KURAWOOD
料金:¥2,500(別途、ドリンク代¥500)
    ※料金のお支払いは、会場での当日精算のみです。
出演者:田中愛実、吉村健洋、眞柄美里、大川 永、加藤木風舞(イッツフォーリーズ)
    小澤時史(Pf.)、成尾憲治(Gt.)、成田裕亘(Bs.)、高島一航(Drs.)

前売開始:2015年2月23日(月)

【チケット取り扱い】 
・株式会社オールスタッフ
  1.電話で予約 03-5823-1055(平日11:00〜19:00)
  2.チケットフォームで予約 http://michikusalive.tumblr.com

【主催・お問い合せ先】 
株式会社オールスタッフ 03-5823-1055(平日11:00〜19:00)
 ※メールでのお問い合わせは受け付けておりません。

The River

日本の演劇人を育てるプロジェクト 在外研修の成果公演
『The River』

ロンドン演劇界で最注目の劇作家ジェズ・バターワース作品の日本初上演!
ブロードウェイでも上演された本作品を、自身もロンドンで観劇し心を奪われたという青木豪が演出。
謎めいた<男>を演じるのは岡本健一。
現実と幻想が交錯しあう世界観、生と死の気配。
観客は翻弄され、人間の真実を突きつけられる。

■日程 2015年2月19日(木)〜2月26日(木)
2月19日(木)19:30 ★プレビュー公演
2月20日(金)19:30 
2月21日(土)13:00/19:30 
2月22日(日)13:00 
2月23日(月)19:30 
2月24日(火)14:00/19:30 
2月25日(水)14:00/19:30
2月26日(木)14:00 
★プレビュー公演とは・・・稽古場で創り上げた作品をお客様の前で上演し、改良や修正を加えながらさらに作品の完成度を高めていくための期間です。欧米の舞台演劇では伝統的にこのシステムが行われています。

■会場
東京芸術劇場 シアターイースト

■スタッフ
作:ジェズ・バターワース Jez Butterworth
翻訳:髙田曜子
演出:青木 豪

■キャスト
岡本健一、南沢奈央、鬼頭典子、森尾 舞

■お問合せ先
日本劇団協議会 03-5909-4600(平日10:00〜18:00)
ゴーチ・ブラザーズ 03-6809-7125(平日10:00〜18:00)

■official site
http://www.Play-The-River.com

■official twitter  http://twitter.com/Play_The_River

文化庁委託事業「平成26年度次代の文化を創造する新進芸術家育成事業」
主催:文化庁/日本劇団協議会 制作:日本劇団協議会

新作”純”狂言集 マリコウジ

昨年、大好評を博した茂山童司作・演出による新作狂言の会、第二弾!

マリコウジ特設ページ
http://dojicompany.jp/marikoji/index.html

京都公演/ 4月19日(日)大江能楽堂
東京公演/ 5月2日(土)セルリアンタワー能楽堂

作・演出/ 茂山童司
出演/  茂山正邦 ・茂山逸平 ・ 島田洋海 ・茂山あきら・丸石やすし ・ 茂山茂 ・ 茂山童司
演目/
■新作「二人山伏」
山伏:茂山正邦 山伏:茂山逸平 茶屋:島田洋海
山伏が田舎の茶屋で休息していると、偶然そこにもう一人山伏がやってくる。最初はお互い仲良く話しているが、些細なことから喧嘩になりどちらの法力が強いかを競うことになる。二人は茶屋の亭主を祈り伏せようとするもそんなものが効くはずもなく…。

■新作「鬼ヶ酒屋」
男:丸石やすし 酒屋:茂山茂
ここは人里離れた山の中。鬼の造り酒屋がひっそりと暮らしている。そこに無類の酒好きという男がこの所に酒屋があると聞いてやってくる。人間を避ける鬼の酒屋は穏便に帰って貰おうと頭を下げるが男もなかなか引き下がらず…。

■古典狂言「右近左近」(京都公演)
■古典狂言「二千石」(東京公演)

■アフタートーク:
茂山童司 × 木ノ下歌舞伎主宰 木ノ下裕一 (京都公演)
茂山童司 × 茂山正邦 茂山茂 茂山逸平 (東京公演)

主催・お問合せ/ 童司カンパニー office@dojicompany.jp 075-751-9046

チケット/ 4,500円(税込・自由席・整理番号付)

【大阪・舞台体験】期間限定劇団 座・大阪市民劇場出演者募集 2/22(日)説明会開催

歳~80歳迄の一般公募で集まったメンバーで結成し、公演後解散する 市民参加型・期間限定劇団「座・大阪市民劇場」2015年8月公演に向けてメンバーを募集!
毎回、約30名~40名のメンバーが300人の前で舞台に出演。
実行委員は、プロがボランティアでバックアップ。 普段の生活では、出会うことのない幅広い世代の仲間とふれ合い、つながる人の繋がりもこの舞台ならではの特徴。本気で役者を目指す方もプロの演出家の指導の元、舞台をふめるチャンス! もちろん大阪以外の方も参加OK
■応募資格
5歳~80歳迄の男女(8割以上稽古に参加出来る方)
■応募方法。
やってみたい意思を下記連絡先へ(名前、年齢、職業、連絡先)を記入の上、メール、郵送、電話にてお問い合わせ下さい。。

2015年2月22日(日)説明会&オーディション開催
説明会&オーディション
日程2015年2月22日(日)11:30より(受付11:00より)
場所:えさか芸術文化館ピエロハーバー
持ち物(筆記用具、顔写真)

■合格後
色んな世代の方と交流しながら稽古を行い2015年8月に行なう
「第14回 座・大阪市民劇場公演」に出演
◆稽古日程  3月ー8月の毎週日曜(14時~16時※会場の状況で曜日変更あり)
◆公演日 2015年8月8日(土)9日(日)に舞台上演後、解散です。
◆演目「また逢う日まで」(仮)参加者の個性をみて変更有 演出は元梅田コマ劇場の仲風見先生※公演制作費、スタジオ維持費として月1.5万円必要(その他費用無し)

【問合せ先】
〒531-0072
大阪市北区豊崎4丁目6-3クレピス814号
座・大阪市民劇場出演者募集係宛
問い合わせ先:06‐4256-8877
mail: o_shimingekizyou@yahoo.co.jp
担当者より連絡が入ります。(18時以降:担当河田宛)http://osakashimin.jimdo.com/

劇団企画イッツフォーリーズ新人公演「EVE」

劇団企画イッツフォーリーズ新人公演「EVE」

脚本・演出 坂口阿紀
作曲 水口 馨
出演 吉村健洋、板津美穂子、大川 永、加藤木風舞、古小路唯加、坂井くるみ、中村知花、
   福間美里、藤田奈七、宮田佳奈、山川優海、山脇明日香、山田卓敬(声の出演)
日時:2015年3月13日(金)19:00
         14日(土)13:00、16:00、19:00
         15日(日)12:00、15:00
          ※各回開場時間は、開演の30分前。
会場:トランクシアター
入場料:3,000円(全席自由・税込)

昨年イッツフォーリーズに加わった、新しいメンバー(38期生)による新人公演です。

<あらすじ>
明日はマー君の誕生日。
おもちゃたちは 寝静まった主人の傍らでおまつり騒ぎ。
大好きなマー君と遊ぶ幸せな毎日。
ちょっとした不満はあるけど、マー君は自分たちを大事にしてくれる。
さあ、明日はどんな仲間がくるだろう?
あれ?そしたらぼくらはどうなるの?
まさか、捨てられる…?
おもちゃたちの未来は?
そして最強の敵、ミキミキマウス(ネズミ)との戦いの行方は!?

誕生日前夜=EVEにおきる、ちょっと不思議な小さな世界のものがたり。


【チケット取扱い、お問い合わせ先】
 ㈱オールスタッフ 
  Tel 03-5823-1055(平日11:00〜19:00)
  公式サイト http://www.allstaff.co.jp

【公演当日のお問い合わせ先】
 トランクシアター 
  Tel 070-6557-3864
    ※こちらの番号では、チケットの取扱いはしておりません。

劇団じゃけん年末イベント「PARTY JAKEN 2014」

「PARTY JAKEN 2014」


3回目となる、年末イベント「PARTY JAKEN」
今回は、「劇団じゃけんの稽古で今年を締めくくりませんか」企画。
今年最後のひと時を、ぜひ劇団じゃけんとご一緒に!!
いい汗をかいた後は、懇親会で大いに語り合いましょう。


☆日にち☆

2014年12月29日(月)


☆場所☆

オルタナティブスペースRAFT
(東京都中野区中野1-4-4)


☆時間☆

締め稽古 16:00~19:00
懇親会  19:30~21:00
忘年会  22:00~


☆入場料☆

稽古から参加しても、懇親会から参加しても、
稽古と懇親会の両方参加しても、一律2000円。


☆備考☆

懇親会では、軽い食べ物と飲み物をご用意します。
忘年会は、別途会費制です。


☆ご予約☆

絶賛承り中!!
(劇団HP内 専用ご予約フォームにて)


☆劇団じゃけん☆

HP http://www.ab.auonenet.jp/~jaken/next.html

玉川大学芸術学部PA学科 演劇公演「友達&恋人」

●公演期間
2014年
12月11日(木)17:30
12月12日(金)17:30
12月13日(土)11:30/17:30
12月14日(日)11:30/17:30

※上演時間は約220分を予定しております。
※受付開始時間は開演の45分前、開場は開演の30分前。
※未就学時のお子様のご入場はお断りします。

●会場
玉川大学 大学3号館 演劇スタジオ

●スタッフ
玉川大学芸術学部パフォーミング・アーツ学科生

●キャスト
玉川大学芸術学部パフォーミング・アーツ学科生

●問い合わせ先
名前:玉川大学芸術学部パフォーミング・アーツ学科 制作
電話番号:042-739-8492

●サイトアドレス
http://pa-sotsupro.jimdo.com

●PRコメント
今年最後の公演は初の豪華二本立て!!
安倍公房作の黒い喜劇と言われる”不条理演劇作品”『友達』
星新一作の「平和の神」「恋がいっぱい」の二作品を合体させたミュージカル風オリジナル戯曲『恋人』。全く異なった二つの作品に、総勢130名で最高のエンターテイメントを目指しチャレンジします!
チケット予約等の詳細は、特設サイトをご覧ください。

虹創旅団2014年冬公演【雪白姫】

虹創旅団2014年12月公演
【雪白姫】
~ねえ、お母さん。何度でも、私を殺して___。~
原作:グリム兄弟、脚本・演出:田中円

《イントロダクション》
グリム兄弟の名作「白雪姫」は、彼らが編纂したお姫様童話には珍しく、物語の最後に、『末永く幸せに暮らしました』という描写がありません。
なぜ白雪姫には王様が登場しないのか。魔法の鏡とは何か、小人とは何者か。なぜ白雪姫は母親に三回も殺されたのか。
原作の様々な謎に対する新解釈をミステリータッチに描きながら、美に執着する母と娘、彼らに翻弄される人々の生き様を、絢爛豪華なゴシック衣装と物語演劇と称した斬新な演出で、ダークメルヘンとして描きます。虹創旅団の白雪姫は、王子のキスでは目覚めません!

《公演期間》
※本公演はダブルキャストとなっております。
雪白姫、魔女、王子、魔女の姉、という主要4役がダブルキャストとなり、日によって組み合わせが異なります。詳細についてはHPをご確認ください。

12月17日(水)~21日(日)

《CAST》
〈虹創旅団〉
赤桐祐也、雨雪芹野、籠谷藍、紫音舞由、田中円、知乃、波留橙太

〈GUEST〉
緒方裕美、音咲柚乃、小野村あずさ(ぶんちゃ王国)、工藤心太、藤原あん(サンシャインプロモ ーション)

《STAGE STAFF》
〈演出助手〉
紫音舞由
知乃
〈舞台監督〉
赤桐祐也
〈音響〉
闇月
〈楽曲提供〉
粒星(an(y)ear)
〈照明プランナー〉
亀井影人
〈照明オペレーター〉
村松幸
〈美術〉
染谷深月
〈小道具〉
紫音舞由
〈大道具〉
大宮かほり
〈衣装〉
雨雪芹野
小野村あずさ
チーム【Wonderland holic】
〈メイク〉
arice.pt
〈受付チーフ〉
小野村あずさ(ぶんちゃ王国)
〈撮影〉
波留橙太


〈製作協力〉
双六堂
ぶんちゃ王国
サンシャインプロモーション
〈企画・製作〉
虹創旅団
〈劇場〉
劇場:阿佐ヶ谷アルシェ
東京都杉並区阿佐谷南1-36-15 レオビルB1
03-3317-0321(公演期間中のみ)
JR「阿佐ヶ谷駅」徒歩3分
東京メトロ 丸の内線「南阿佐ヶ谷駅」徒歩10分

《チケット》
○一般(前売り)2,700円 (当日)2,900円
○学割(前売り・予約限定)2,200円
※学割チケットをご購入の方は、当日受付にて学生証のご提示をお願いします。
○華装割引
当日Gothic & Lolitaの格好で来られた方は、チケット代を500円キャッシュバックさせて頂きます。

その他にも多数の割引をご用意しておりますので、詳しくは公式HPをご参照ください

《チケット予約フォーム》
http://ticket.corich.jp/apply/60425/

《お問い合わせ》
info@kosoryodan.com

《公式HP》
http://kosoryodan.com/yukijirohime/

《Official Blog》
http://s.ameblo.jp/kosoryodan/

《Twitter》
@kosoryodan

加害少女の記録(2014.06)

11月28〜30日
会場
新宿ゴールデン街劇場
出演 勝又絢子、美穂、千島芳彦、久木田かなこ、鳥海梨彩
脚本・演出 野溝さやか
学生券2500円(要学生証)
前売り2800円
当日3200円
サイト
http://end-up-roll.main.jp/?page_id=56
※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
11月28日(金)◎14:00/☆19:00
11月29日(土)◎14:00/☆19:00
11月30日(日)◎13:00/☆17:30

※少女役Wキャスト
◎公演 美穂
☆公演 勝又絢子

永遠の加害少女 NEVADAに捧ぐ

あの事件から10年、少女の記憶は「彼女」の成長とともに止まったまま――。

2007年 劇団☆End-UP-Roll「加害少女の記録」から10年後の、完全新作の物語。

いじめや殺人など、様々な事件と重ね合わせながら演じる、演劇的パフォーミング・アーツ。

問い合わせ先
進化する究極プロジェクト
080-4001-1253
end-up-roll@hotmail.co.jp

トーキョー・スラム・エンジェルス

青山演劇フェスティバル SPECIAL ~サヨナラの向こう側2014~

Théâtre des Annales(テアトル・ド・アナール) vol.3
『トーキョー・スラム・エンジェルス』

2014年11月14日(金)~11月24日(月・祝)
こどもの城・青山円形劇場

作・演出:谷賢一
出演:南果歩 山本亨 古河耕史 山崎彬 加治将樹 一色洋平 井上裕朗

問い合わせ先:ゴーチ・ブラザーズ 03-6809-7125(平日10時~18時)

公式サイト: http://www.theatredesannales.info/

PRコメント:
今最も勢いに乗る劇作家・演出家の谷賢一によるユニット「テアトル・ド・アナール」、新作のテーマは“資本主義経済”。東京オリンピック以降、局所的にスラム街が形成されつつある日本を舞台に、ある家族が直面するお金・経済・愛を描く。成功した証券ウーマンを演じる主演の南果歩と、個性的かつ実力派の男優陣との競演は必見。

高嶺格 『ジャパン・シンドローム〜 step3. “球の外側”』

2011年から3年。
急速に変化する日本を見つめながら様々に形を変えてきた
「ジャパン・シンドローム」シリーズ、完結編

美術家の高嶺格は、2011年から継続してKYOTO EXPERIMENTに参加し、ここでの作品は「ジャパン・シンドローム」というタイトルで統一されている。「ジャパン・シンドローム」とは、アメリカ映画の「チャイナ・シンドローム」に想を得た名称で、福島の原発事故以降、大きく揺れ続ける日本の状態を言い表した言葉である。今後も長い将来に渡って社会の根幹に大きなダメージを与え続けることが確実な放射能の問題、この問題に芸術がどう関わるか?
「ジャパン・シンドローム」は、政治状況や街の空気の変化を柔軟に反映しつつ、様々な表現スタイルをとりながら発展してきた。
ブラジルという日本の“裏側”に位置する場所から、日本を対象化しようと試みたヴィデオ・インスタレーション「球の裏側」、及びパフォーマンス「球の内側」。 取材をもとに、放射能が人々に与える影響を冷徹に可視化した「関西編・山口編・水戸編」の映像シリーズ。そして昨年、京都市役所前の広場をダンスフロアのような熱狂の場に変えた「ベルリン編」。
シリーズ最終章となる本年は、テキストを核とした舞台作品が予定されている。2014年秋に高嶺が語る言葉とは何か? それは、ずっと以前から存在しながら真正面から議論されることなく先延ばしにしてきた問いを突きつけ、単なる現状分析を超えて未来への意志を語るものになるはずだ。

日 時
2014年9月27日(土)~ 2014年9月29日(月)
   9月27日 (土) 19:00-
     28日 (日) 14:00-*◎
19:00-
29日 (月) 19:00-
*ポスト・パフォーマンス・トーク有り
◎託児サービスあり(有料・要予約)
※受付開始・当日券販売→開演の60分前

会 場
[中京区]
元・立誠小学校 講堂
〒604-8023
京都市中京区蛸薬師通河原町東入備前島町310-2
阪急京都線「河原町駅」下車、1a出口より北へ徒歩3分
京阪本線「祇園四条駅」下車、4・5号出口より北西方向へ徒歩5分

料 金
一般     前売 ¥3,000/当日 ¥3,500
ユース・学生 前売 ¥2,500/当日 ¥3,000
シニア     前売 ¥2,500/当日 ¥3,000
高校生以下 前売 ¥1,000/当日 ¥1,000
ペア     ¥5,000(前売のみ)
※ユースは25歳以下、シニアは65歳以上
※全席自由

URL http://kyoto-ex.jp/2014/program/takamine/

チケット申し込み
■KYOTO EXPERIMENT チケットセンター(11:00-20:00、8/3-9/21 は日曜休)
・オンライン| http://kyoto-ex.jp [セブン-イレブン取引 要事前登録(無料)]
・電話予約|075-213-0820[セブン-イレブン取引]
・窓  口|京都芸術センター2F
■京都芸術センター(10:00-20:00) 窓口販売のみ
■チケットぴあ Tel|0570-02-9999 オンライン|http://t.pia.jp

主 催 KYOTO EXPERIMENT

問合せ先 KYOTO EXPERIMENT 事務局 [平日 11:00-19:00]
〒604-8156 京都市中京区室町通蛸薬師下る山伏山町546-2 京都芸術センター内

Tel 075-213-5839
Fax 075-213-5849
E-mail info@kyoto-ex.jp
web www.kyoto-ex.jp

ロールプレイング・ミステリー『ミステリ館の錯覚』

P・T・Mystery_File.2 at 細野ビルヂング
黒羽根シリーズVol.1
ロールプレイング・ミステリー『ミステリ館の錯覚』
2014年9/18(木)~23(祝火)

【初めましての皆様へ◆観客参加型ミステリーとは?】
P・T企画が贈る『観客参加型ミステリー』は、観るだけに留まらないお客様自身も登場人物と共に事件の謎を推

理して楽しめるゲーム形式のミステリー演劇イベントです。
『ロールプレイング・ミステリー』では目の前で語られる事件の概要や容疑者たちの証言を元に事件現場である会

場を巡り、更にヒントを手に入れて推理するロールプレイング・ゲームの感覚で楽しめるミステリーゲームです。
今回の舞台は近代建築・細野ビルヂング。通常では見ることのできない地下1階から2階までを巡って頂きます。
物語はヒントがちりばめられている『問題編』。貴方自身が会場を巡り推理する『推理時間』(約60分)。そして全て

の謎が解き明かされる『解答編』で構成されています。
さあ、貴方はこの『ミステリ館』に仕掛けられた『謎』を見破ることができるのか?貴方の挑戦をお待ちしています。

【物語】
ミステリ館と呼ばれる館がある。
館の中は、「火曜倶楽部のサロン」、「ホームズの実験場」 、「インディアン島のダイニング」、「乱歩の赤い部屋」、

「エラリーの書斎」
などなど、マニアックな「場」が再現され、日夜、妖しげなパーティが開かれている。
……と、まことしやかに囁かれているのだが、実際に館の中に入った者は少ない。
この館の真相に迫る為、取材に訪れる事になった記者・黒羽根と、カメラマン・白沢。だが……。
館の主が遺体で発見された。黒羽根の手元に、なんとも不可解な手紙を残して。
手紙はダイイングメッセージ?遺書?それとも……?
貴方も二人と共に、ミステリ館の取材に訪れて下さい。

【公演日時】2014年9/18(木)~23(祝火)
18(木)19:30
19(金)15:00★/19:30
20(土)12:00/16:00/19:30
21(日)11:00/15:00
22(月)15:00★/19:30
23(祝火)11:00/15:00
※上演時間は約1時間45分(推理時間60分含む)

【料金】 一般3500円 高校生以下2500円 ★ミステリ女子の日。女性のみ3000円。※1ステージ65席限定。完全

予約制。

【会場】細野ビルヂング
大阪市西区新町4-5-7
アクセス:大阪市営地下鉄千日前線・長堀鶴見緑地線『西長堀』駅4-C出口すぐ。

【出演】山本直匡(カンセイの法則) 田中悟(ONE WAY TRIP)
ことぶきつかさ 坂本さやか ニドカオル 野村太祐 水谷有希 山本英輝(未来探偵社)

【お申込み・お問い合わせ】
E-mail info@pt-kikaku.com
公式ホームページ http://pt-kikaku.com
予約フォーム http://form1.fc2.com/form/?id=926240

公式ブログ げきぴーの日常 http://blog.livedoor.jp/pt_kikaku/

素我螺部 (すからべ)~SELL OUR BODY~

素我螺部(すからべ)
公演日時:2014年9月5日 (金) – 2014年9月7日 (日)
9月5日(金) 19:00
9月6日(土) 14:30/19:00
9月7日(日) 14:30/19:00
※受付は、開演の30分前、開場は開演の15分前

会場:京都芸術センター 和室「明倫」

チケット料金:前売2,000円/当日2,500円(一律)

チケット取扱:
京都芸術センター窓口(10:00~20:00)
素我螺部8scarabe8@gmail.comにて要予約申込。
公演日時、お名前、枚数をメールにて受付いたします。

出演:篠原未起子・宮原由紀夫・藤井b泉

素我螺部 プロフィール
2013年藤井b泉を中心に、踊る事で出会った仲間達と身体•創造を共有したプロジェクトグループ素我螺部(スカラベ)を結成し、アルティ•ブヨウフェス ティバル2014(京都府民ホール•Alti主催)一般公募枠にて「はえ男」を上演。金森穣率いるレジデンシャルカンパニーNoism1で出会った仲間で ある篠原未起子、宮原由紀夫と共に「SELL OUR BODY」を京都五条通りのつくるビルにて公開制作中。

問い合わせ先:8scarabe8@gmail.com
https://www.facebook.com/8scarabe8


公演の詳細はこちら http://www.kac.or.jp/events/13944/

2014年、地球、日本という国に生きている私たちは一体何者で、この先一体どこに向おうとしているのか?
しあわせとは、豊かさとは何だ?ずっとずっと混乱はつづく。
でも踊り続ける身体がそこにある。過去より今がそこにある。
この時代に生きるために私たち、体売ります。ありとあらゆる身体を使って、この時代を生きるために。
この小さな戯れ言はただの儚い出来事なのかもしれません。踊る身体にどんな力があるのか、まだまだ知りたいです。

オクムラ宅 『さくらんぼ畑 四幕の喜劇』

【『桜の園』の新訳『さくらんぼ畑』を古民家で上演】

『さくらんぼ畑』はチェーホフの最後の劇作品で、四大戯曲の一つと呼ばれる『桜の園』の新訳です。
生活と心のよりどころとなってきた領地のさくらんぼ畑が売りに出され、そこで過ごしてきた人々が屋敷を去るまでを描いています。
チェーホフは『さくらんぼ畑に』ついて、こう記しています。
「僕の戯曲は、どんなに退屈だとしても、何か新しいものがある気がする」
『さくらんぼ畑』には大きな事件やドラマティックな人物関係はありません。
演出家の奥村は「ある意味では「退屈な」物語です。けれど、退屈を許容してあるがままの、自分勝手で滑稽な”ただの人間”を描きたい」と話しています。


オクムラ宅
『さくらんぼ畑 四幕の喜劇』

出演
石本径代
日野あかり(アンティークス)
藤田早織
古村勇太(T1project)
鈴木克昌
植田祥平
室田渓人(劇団チャリT企画)
SaChan
村上佳久
渡邊百桃
家田三成
横手慎太郎(シンクロ少女)


チェーホフ

翻訳
堀江新二
ニーナ・アナーリナ
(群像社刊・『さくらんぼ畑 四幕の喜劇』)

演出
奥村拓

協賛
群像社

協力
アンティークス エコーズ ココロプロモーション
劇団チャリT企画 シンクロ少女 T1project

会場
ギャラリーしあん
住所:〒110-0015 東京都台東区東上野1-3-2

タイムテーブル
2014年9月
19日(金) 19:00
20日(土) 12:00 / 17:00
21日(日) 12:00 / 17:00
22日(月) 休演
23日(火・祝) 12:00 / 17:00
24日(水) 19:00
25日(木) 休演
26日(金) 19:00
27日(土) 12:00 / 17:00
28日(日) 12:00


チケット
前売 2,500円(全席自由・税込)
当日 2,700円
高校生以下 1,000円(要学生証提示)
<8月12日予約開始>

企画・制作・宣伝美術
オクムラ宅

ご予約・お問い合わせ:okumurataku@gmail.com
詳細 → http://okumurataku.com/

DOORプロデュース②『女子芸人』

DOORプロデュース②『女子芸人』

芸も夢も恋愛もうまくいかない芸人コトリ。
周りは女の幸せを手にしていく。
自分は取り残されているのか、ダメなやつなのかと葛藤の毎日に、あるきっかけが訪れる。

人生を懸命に進む女性にみてほしい。
いくつになったって、どんな環境にいたって、
明日ってやつは、意外と貴方に優しいです。

女性よ、一歩前へ。

【原作】神田茜『女子芸人』(新潮社刊)

【脚本・演出】本多真理(昆虫PEG.)

【出演】春野恵子(浪曲師)
    大西千保
    谷屋俊輔(ステージタイガー)
    浅田武雄(O.Z.E@大阪)
    浅雛 拓
    近藤ヒデシ(COMPLETE爆弾)
    平尾なつみ
    小永井コーキ(彗星マジック)
    馬場良仁
    南 由希恵(ステージタイガー)
    よしひろ(すたんぷ)
    三原悠里(Sweet Dreams)

【日時】8月22日(金)19:30
      23日(土)14:00/18:00
      24日(日)13:00/17:00
    ※受付開始:開演45分前より
    ※開場:開演30分前より

【会場】in→dependent theatre 1st(インディペンデントシアター1st)

【料金】一般前売 3,000円
    原作本つき前売券(予約のみ)4,000円
    ★当日券は500円アップ★全席指定席
    ※未就学児童入場不可

【ご予約】7月21日(月祝)AM10:00より一般発売開始
    予約URL→https://ticket.corich.jp/apply/54654

【お問い合わせ】
DOOR Mail:yoyakudoor@gmail.com
    HP:http://tobirawoakeru.jimdo.com

  • Google広告 記事下 468×60

  • 楽天広告 記事下 468×160

  • omo9_small

    omo9_small
  • omo8_small

    omo8_small
  • omo7_small

    omo7_small
  • 川本成のオレ哲学

    川本成のオレ哲学
  • オモシィマグ6

    オモシィマグ6
  • mag4banner

    mag4banner
  • omoshii mag vol.5

    omoshii mag vol.5
  • コンビニプリント

    コンビニプリント
  • オモシィマグvol.3

    オモシィマグvol.3
  • MAG_BANNER

    MAG_BANNER
  • オモシィ会員登録

    オモシィ会員登録
  • Google広告 サブバー 200×200

  • omoshii mag

    omoshii mag
  • omoshiimaghassooshirase

    発送状況
  • MAG2_RENSAI_BANNER

    MAG2_RENSAI_BANNER
  • anfan

    anfan
  • chess01

    chess01
  • banner_Elisabeth

    banner_Elisabeth
  • ロミオとジュリエット

    ロミオとジュリエット
  • 公演情報登録

    公演情報登録
  • Sparkle

    Sparkle
  • アプローズ

    アプローズ
  • イープラス

    チケット購入はこちらから!
  • 突撃!アヒル感激日記

    突撃!アヒル感激日記
  • 劇場彷徨人・高橋彩子の備忘録

    劇場彷徨人・高橋彩子の備忘録
  • 大原薫 There’s only here

    大原薫 There's only here
  • メタ情報