公演情報

犬儒派リーディングアクト『犬の舌』

◉公演情報◉
‡‡‡‡‡‡‡‡‡‡‡‡‡‡‡‡‡‡‡‡‡
犬儒派リーディングアクト

朗読公演
『犬の舌』

公演期間
2022年12月24日(土)~12月25日(日)

タイムテーブル
12月24日(土) 19:00開演
12月25日(日) 15:00開演
(開場は開演20分前)(上演時間 約1時間)

会場
アトリエ三軒茶屋
(世田谷区三軒茶屋1丁目39-5)

原作
グリム童話 『兄と妹』
村山槐多 『悪魔の舌』

脚色・構成・演出
天才ナカムラスペシャル

出演
宇鉄菊三 (tsumazuki no ishi)
天才ナカムラスペシャル
岡本子杏

料金
2,500円 (全席自由・要予約)

予約・問い合わせ
kenjuha2022@yahoo.co.jp

公式ツイッター
https://twitter.com/kenju_ha

■公演概要
「犬儒派リーディングアクト」は、役者・アーティストとして活動する天才ナカムラスペシャルが主宰する実験的朗読ユニット。
2020年にステージ4の咽頭がんを宣告されながらも、3度の大手術と壮絶な闘病生活を経たのち、奇跡的に声を取り戻した天才ナカムラスペシャルが、 “声による表現”を改めて模索する場として結成。

これまでに、シェイクスピアの戯曲『タイタス・アンドロニカス』や、宮沢賢治、横溝正史の小説を原作とした独自の朗読劇を展開。前回は、谷崎潤一郎の『刺青』と、川端康成の『片腕』をモチーフとしたオリジナルの寓話劇を朗読形式で発表し、各方面より高い評価を得た。

今回は、グリム童話に収められた一編『兄と妹』と、夭折の洋画家・村山槐多(1896-1919)による小説『悪魔の舌』を、大胆に解体のうえ換骨奪胎し、異色の朗読劇として再構築。
「犬儒派リーディングアクト」にしか成し得ない、ポップでグロテスクなダークファンタジーを、クリスマスバージョンでお届けする。
前回、前々回に引き続き、「tsumazuki no ishi」の宇鉄菊三らが出演。
‡‡‡‡‡‡‡‡‡‡‡‡‡‡‡‡‡‡‡‡‡

  • Google広告 記事下 468×60

  • online shop

    online shop
  • オモシィ会員登録

    オモシィ会員登録
  • Google広告 サブバー 200×200

  • お詫びと修正

    お詫びと修正
  • 公演情報登録

    公演情報登録
  • 川本成のオレ哲学

    川本成のオレ哲学
  • 書店バナー

    書店バナー
  • anfan

    anfan
  • 15バナーA

    15バナーA
  • バナーomo11_s

    バナーomo11_s
  • オモシィマグ6

    オモシィマグ6
  • mag4banner

    mag4banner
  • omo10_banner_small

    omo10_banner_small
  • banner14s

    banner14s
  • omoshii 13 申し込み

    omoshii 13 申し込み
  • omo7_small

    omo7_small
  • omoshii12

    omoshii12
  • omo9_small

    omo9_small
  • omo8_small

    omo8_small
  • MAG_BANNER

    MAG_BANNER
  • MAG2_RENSAI_BANNER

    MAG2_RENSAI_BANNER
  • Sparkle

    Sparkle
  • 劇場彷徨人・高橋彩子の備忘録

    劇場彷徨人・高橋彩子の備忘録
  • 大原薫 There’s only here

    大原薫 There's only here