ニュース & インフォメーション

加藤和樹が興行師バーナムを好演!夢と情熱あふれるハッピーなミュージカルが開幕!

舞台は19世紀半ばのアメリカ。サーカスの興行や博物館の経営で大成功をおさめ、市長も務めた男、P.T.バーナムの半生を描いたミュージカル『BARNUM』が、3月6日(土)、東京・東京芸術劇場プレイハウスにて初日を迎えた。

NEWS & INFORMATION 2021 3/7 UPDATE

『BARNUM』はブロードウェイで初演、ロンドンでも上演された人気ミュージカル。
言葉たくみに魅惑的なショーを創り出す興行師バーナムを加藤和樹が、バーナムを支える妻チャイリーを朝夏まなとが好演。バーナムのサーカスで見世物となるトム・サム将軍など、バーナムの人生に関わるさまざまな人物を矢田悠祐が一人で演じわけた。また、スウェーデン人のオペラ歌手、ジェニー・リンドを フランク莉奈・綿引さやか(ダブルキャスト)が、アメリカ博物館のオーナー、エイモス・スカダーをジャニーズJr.の原 嘉孝・内海啓貴(ダブルキャスト)が、ジョイス・ヘス役とブルースシンガー役の二役を中尾ミエが務めた。

熱意と創作意欲にあふれ、ハッタリと魅力的な笑顔で周囲を巻き込んで、人々を夢中にさせる興行を次から次へと創り出す男・バーナムは、見終わってみれば加藤のためにあった役なのではないかと思うほど、ぴったりだった。歌や芝居はもちろん、人好きのする笑顔と、板の中心で圧倒的な存在感を放つ加藤は、若い時代から晩年の老いた姿まで違和感なく演じる一方で、常に夢見る少年のようなエネルギッシュな無邪気さを全身からあふれ出させていた。

朝夏まなと演じるチャイリーは、バーナムを支え、時に意見を交わし、共に生きる、芯のある女性で、凛とした立ち姿と温かな笑顔が魅力的。随所にさまざまな役で登場した矢田悠祐は、力強く明るい歌声を響かせながら、物語をたくみに進めていた。

夢と情熱とハッピーなオーラが詰まった心踊るミュージカル『BARNUM』。3月23日(火)まで東京・東京芸術劇場プレイハウスで上演中。その後、兵庫、神奈川で上演される。
詳細は公式サイト(musical-barnum.jp)にて。

©️ミュージカル「BARNUM」製作委員会/岡 千里

  • Google広告 記事下 468×60

  • online shop

    online shop
  • オモシィ会員登録

    オモシィ会員登録
  • Google広告 サブバー 200×200

  • お詫びと修正

    お詫びと修正
  • 公演情報登録

    公演情報登録
  • 川本成のオレ哲学

    川本成のオレ哲学
  • 書店バナー

    書店バナー
  • anfan

    anfan
  • 15バナーA

    15バナーA
  • バナーomo11_s

    バナーomo11_s
  • オモシィマグ6

    オモシィマグ6
  • mag4banner

    mag4banner
  • omo10_banner_small

    omo10_banner_small
  • banner14s

    banner14s
  • omoshii 13 申し込み

    omoshii 13 申し込み
  • omo7_small

    omo7_small
  • omoshii12

    omoshii12
  • omo9_small

    omo9_small
  • omo8_small

    omo8_small
  • MAG_BANNER

    MAG_BANNER
  • MAG2_RENSAI_BANNER

    MAG2_RENSAI_BANNER
  • Sparkle

    Sparkle
  • 劇場彷徨人・高橋彩子の備忘録

    劇場彷徨人・高橋彩子の備忘録
  • 大原薫 There’s only here

    大原薫 There's only here