anfan

ニュース & インフォメーション

lilies13_00

スタジオライフ『LILIES』4 年振りの再演

スタジオライフの珠玉の名作『LILIES』が4年ぶりに再演決定。10月9日に行われた製作発表レポートをお届けします。

(文/上甲薫)

NEWS & INFORMATION  2013 11/15 UPDATE

劇団スタジオライフが、次回本公演『LILIES』の製作発表会見を行った。

カナダの戯曲家ミシェル・マルク・ブシャールによる本作は、1952 年のカナダの刑務所を舞台として紡がれる愛の物語。1996 年には『百合の伝説』のタイトルで映画化され、世界各国で数々の映画賞を受賞している。戒律に厳しいカトリックが権勢をふ るっていた前時代のカナダで、かけがえのない愛を見つけたふたりの少年――シモンとヴァリエの悲劇が、緻密なセリフの数々 によって描出される。禁じられた愛のひとつの形として少年愛を扱ってはいるものの、会話劇の精密さや美しさ、キャラクター 一人ひとりの造形、カナダの片田舎の社会風潮を観客に感じさせずにおかない筆力など、戯曲としての完成度は溜め息もの。人 を愛し、何かを失ったことのある者ならば必ず心に突き刺さる普遍的傑作である。

スタジオライフがこの作品を舞台にかけるのは4年ぶり4度目。舞台設定が男子刑務所内であるため、役者全員が男性で構成さ れるスタジオライフとの相性は抜群で、2002 年の初演以来上演するたび大きな評判を呼んでいる。まさに劇団の代表作にして、 ファンにとっても“特別”な演目のひとつ。

会見では演出の倉田淳が、戯曲『LILIES』との出会いや初演時の心持ち、2度の再演を経てますます深まる作品への思いな どを熱弁。「生身の人間同士がぐっちゃぐちゃになってぶつかり合う、愛の闘いを描きたい」と意欲を明かす。さらには「優れ た戯曲の条件のひとつは、観た人が“あっ、これは私の話だ”“私の知っている○○さんの話だ”と感じられることだ」との原 作者ブシャール氏の言葉を紹介しながら、それこそが『LILIES』が世界中で上演されている理由ではないかと語った。

引き続き倉田から、今回の『LILIES』では新たな試みに挑戦する、との発表も。まずひとつには、若手俳優の大胆な起用。 メインキャスト以外にもルーキーを大量投入し、パワー溢れる舞台になりそうな予感である。ふたつ目には、各界から高い評価 を得ている美術デザイナーの乗峯雅寛氏を迎え美術デザインを一新、「生まれ変わった舞台装置になる」とのこと。他にも、ト リプルキャストという布陣で各チームそれぞれの味わいを出していく点や、旧キャストが前回とは対照的な役どころで参加して いる点など、見逃せない 2013 年版『LILIES』の魅力を挙げ、期待を煽った。

トリプルキャスト3チームのうち2チームにおいて主人公・シモンを演じる仲原裕之は、2009 年の『LILIES』でも同じ役柄 を経験している。「4年前にやり残したことがいっぱいあります。以降様々な舞台を経験してきて、今だからできるシモンが絶 対あると思っています」と折り目正しくコメントした。

一方、仲原以外でシモンとヴァリエを演じる3人(鈴木翔音、松村泰一郎、藤森陽太)はいずれも入団4年以内のホープであ り、『LILIES』初挑戦。「先輩方と話している中で特によく出てくる作品の名前がこれです」(松村)、「お客さまにとっても思い 入れのある作品だと認識しています」(鈴木)と、大役への抜擢に緊張気味の様子だ。そんな彼らに向けて仲原は、「前の『LILIES』 の時、僕は稽古で倉田さんから“野武士みたい”ってダメ出しされてました(笑)。責任の重い役柄かもしれませんが、飾らず、 自分のありのままでぶつかっていけばいいんじゃないかと思います!」とエールを送った。

また、今回の制作発表は若手キャストの紹介の意味も込め、銀座のトラットリアを借り切っての“製作発表+懇親パーティー” といった形式で行われた。ひと通りの会見が終わると、取材陣一人ひとりの間近へと役者があいさつに回り、より率直な質疑応 答や意見交換がなされていた。

『LILIES』は11月20日よりシアターサンモールにて上演されます。

 

[公演情報]

スタジオライフ公演『LILIES』

2013 年 11 月 20 日(水)~12 月 8 日(日) シアターサンモール
作:ミシェル・マルク・ブシャール
上演台本・演出:倉田 淳(Studio Life)
出演:仲原裕之 松村泰一郎 鈴木翔音 藤森陽太 笠原浩夫 山本芳樹 他

公式サイト●http://www.studio-life.com/stage/lilies2013/

  • Google広告 記事下 468×60

  • 楽天広告 記事下 468×160

  • omo9_small

    omo9_small
  • omo8_small

    omo8_small
  • omo7_small

    omo7_small
  • 川本成のオレ哲学

    川本成のオレ哲学
  • オモシィマグ6

    オモシィマグ6
  • mag4banner

    mag4banner
  • omoshii mag vol.5

    omoshii mag vol.5
  • コンビニプリント

    コンビニプリント
  • オモシィマグvol.3

    オモシィマグvol.3
  • MAG_BANNER

    MAG_BANNER
  • オモシィ会員登録

    オモシィ会員登録
  • Google広告 サブバー 200×200

  • omoshii mag

    omoshii mag
  • omoshiimaghassooshirase

    発送状況
  • MAG2_RENSAI_BANNER

    MAG2_RENSAI_BANNER
  • anfan

    anfan
  • chess01

    chess01
  • banner_Elisabeth

    banner_Elisabeth
  • ロミオとジュリエット

    ロミオとジュリエット
  • 公演情報登録

    公演情報登録
  • Sparkle

    Sparkle
  • アプローズ

    アプローズ
  • イープラス

    チケット購入はこちらから!
  • 突撃!アヒル感激日記

    突撃!アヒル感激日記
  • 劇場彷徨人・高橋彩子の備忘録

    劇場彷徨人・高橋彩子の備忘録
  • 大原薫 There’s only here

    大原薫 There's only here
  • メタ情報