ニュース & インフォメーション

OSKの東京公演、レビュー『春のおどり~桜咲く国』開演!

OSK日本歌劇団の公演、レビュー『春のおどり~桜咲く国』が45日より東京・日生劇場にてスタート。初日昼間に公開ゲネプロと囲み会見が行われました。

NEWS & INFORMATION 2013 4/5 UPDATE

レビュー『春のおどり~桜咲く国』は今年創立90周年を迎えたOSKの記念公演。伝統のレビュー『春のおどり』が東京で上演されるのは、実に73年ぶりになります。

第1部、日本舞踊を基調とした「和のレビュー」では、美しく静謐な『鶴』や、エネルギッシュでダイナミックな『民謡メドレー』など、さまざまな踊りを披露。第2部はバレエやジャズ、タップなどが盛り込まれた「洋のレビュー」。名倉加代子さんの作・演出・振付による新作『Catch a Chance Catch a Dream』をはじめ、時にスタイリッシュに、時にかわいらしく、魅力あふれる踊りを繰り広げていました。

ゲネプロ終了後、桜花昇ぼるさん、高世麻央さん、桐生麻耶さんが出席し、囲み会見が行われました。

「舞台稽古を終えて、感動しています。その感動をダイレクトに、真っ直ぐなハートをお客様に思いきりぶつけたいです」と桐生さん。

見どころを聞かれて「第1部のフィナーレの『連獅子』が、90周年、そして未来へつながる壮大さが感じられると思います」と高世さん。

第2部に登場する桜花さんと高世さんのラブシーンについて質問され、「普段真面目な人間なので、遊び人の役ができて楽しいです」と笑顔を見せた桜花さん。「日生劇場にたどり着くことができたのは、応援してくださる皆様に支えてもらえたから。今日の日を迎えられたことにグッと来ています。緊張しないように、皆様の元気と癒しになれるようなレビューをお届けしたいです」

OSKのレビューを東京で観られる貴重な機会! OSKファンはもちろん、まだ未見の方も、ぜひめくるめく華やかな世界を観に足を運んでみてはいかが。

[公演情報]

レビュー『春のおどり~桜咲く国』

45日~8日 日生劇場
出演:桜花昇ぼる・高世麻央・桐生麻耶 ほか OSK日本歌劇団 劇団員
お問い合わせ:
チケットホン松竹(10001800)ナビダイヤル●0570-000-489
公式サイト●http://www.osk-revue.com

  • Google広告 記事下 468×60

  • 15バナーA

    15バナーA
  • バナーomo11_s

    バナーomo11_s
  • オモシィマグ6

    オモシィマグ6
  • mag4banner

    mag4banner
  • omo10_banner_small

    omo10_banner_small
  • オモシィ会員登録

    オモシィ会員登録
  • banner14s

    banner14s
  • 書店バナー

    書店バナー
  • Google広告 サブバー 200×200

  • omoshii 13 申し込み

    omoshii 13 申し込み
  • omo7_small

    omo7_small
  • omoshii12

    omoshii12
  • 川本成のオレ哲学

    川本成のオレ哲学
  • 公演情報登録

    公演情報登録
  • anfan

    anfan
  • omo9_small

    omo9_small
  • omo8_small

    omo8_small
  • MAG_BANNER

    MAG_BANNER
  • MAG2_RENSAI_BANNER

    MAG2_RENSAI_BANNER
  • Sparkle

    Sparkle
  • 劇場彷徨人・高橋彩子の備忘録

    劇場彷徨人・高橋彩子の備忘録
  • 大原薫 There’s only here

    大原薫 There's only here