anfan

ニュース & インフォメーション

P1050300

ミュージカル『エリザベート』初日直前囲み会見

5月9日にいよいよ幕を開ける新生『エリザベート』。初日目前の5月7日、舞台稽古中の帝国劇場で、初日メンバーによる囲み会見が行われました。

NEWS & INFORMATION  2012 5/7 UPDATE

舞台衣装をまとって登場したのは、エリザベート役の春野寿美礼さん、トート役の石丸幹二さん、ルキーニ役の髙嶋政宏さん、フランツ・ヨーゼフ役の岡田浩暉さん、ルドルフ役の平方元基さん、少年ルドルフ役の加藤清史郎くん。

まもなく初日ということで、春野さんは「初日に向かって突き進んでいますので、気持ちよく初日を迎えたいです」、石丸さんは「舞台稽古がいい調子で来ておりますので、このまま、この勢いで走っていきたいです」とコメント。

宝塚時代にトートを演じた経験のある春野さんは、初日のお相手である石丸トートについて尋ねられると、「宝塚の男役は様式美をお見せする部分が強いので、生々しい香りがないんです。石丸さんにはそういう香りが漂っていて、ついつい引き寄せられてしまいます」と石丸トートの魅力をアピール。それに反応して石丸さんは「うれしいですね~。カモーン、カモーン!(笑)」と誘う場面も。
春野さんが過去にトートを演じたことに対して聞かれた石丸さんは、「今は、トートではなくエリザベートとして接していますので。ただ、稽古場の居方がかっこよくて、トートはこうでなくちゃいけないな、とこっそり盗んでました」と秘密を告白!?

この初日メンバーの中でただ一人、初演から出演している髙嶋さんは、「900回を超えても発見がある、奥深い舞台です。今は感動に打ち震えております。最初は大変で大変で、帝劇に来るのが嫌でしょうがなかったでしたけど、いまは帝劇に来るとしっくり来るのでおそろしいものです(笑)」と語り、
「台本は、初演のときから500回ぐらいまでは楽屋に持って行ったことがないんです。でも、これじゃいけないんじゃないかとおもって、500回を超えるようになってから持っていくようになった。今は自分の稽古のとき以外はずっと台本を読んでいます。もっと高めていかなきゃいけないんじゃないかなと思って、読み込むようになった。それほど深いんです。今回は新メンバーも入って、声、顔、芝居もちがうので、新しい化学反応がある。特に、ハンガリーの怪人、マテ・カマラス(トート)が、偉大なる挑戦をしているので、僕らも相当触発されています」と熱く語ってくれました。

その新メンバーの一人である、フランツ・ヨーゼフ役の岡田浩暉さん、ルドルフ役の平方元基さんも、初日に向けて、緊張感はたかまっているよう。
岡田さん「春野さんと同じで、初日に向けて進むだけ、気持ちいい初日を迎えたいです」
平方さん「初日を迎える緊張感を忘れずに、千秋楽までがんばりたいです」

そして、今回の話題のひとつ、皇太子ルドルフの子供時代である、少年ルドルフ役を演じるのが加藤清史郎くん(4人で交互出演)。『レ・ミゼラブル』のガブローシュ役に続いてのミュージカル出演となりますが、「緊張しているんですが、楽しめたらいいなと思っています。前回とはまったく役も性格も違うので難しかったです」。
舞台の魅力についてたずねられると、「ミュージカルの仕事は1回やったことを繰り返しできるので、緊張感があるし、次こうしてみようというのができるのがいいです」とすっかり舞台の魅力にはまっている様子。舞台上では、少年ルドルフと同じ場面に出演しない春野さんも、「同じ場面に出られないのはさびしいですが、稽古場で、子役のみんなはこちらが見習わなくてはならないとおもうほど元気いっぱいで礼儀正しいんです。2幕では袖から眺めて、わが子もがんばってるんだ!とエールを送られている気分です」とメロメロの様子でした。

ちなみに、写真の清史郎くんの髪の色は、ルドルフ役の平方さんにそろえられています。ルドルフ3人の髪の色がみんな違うので、少年ルドルフもそれに合わせてカツラを替えるんだとか。そういう細かいところもこだわっている小池演出。2012年版「エリザベート」の演出はどのように変化するのか楽しみです!

 

愛しそうに清史郎くんを見つめる春野さん。そのまなざしはすでに息子ルドルフを見るエリザベートになりきってます!

黄泉の帝王(石丸)とルキーニ(髙嶋)。ちなみに、舞台上でこんなに和やかな二人は見られません!

こちらも仲良くさわやかに笑うフランツ・ヨーゼフ(岡田)とルドルフ(平方)。平方さん、どこを見てるんでしょう?

ミュージカル『エリザベート』は9日~6月27日東京・帝国劇場を皮切りに、7月5~26日福岡・博多座、8月3~26日愛知・中日劇場(1000回公演達成)、9月1~28日大阪・梅田芸術劇場メインホールにて公演。omoshiiオモシィでも、集中連載中ですので、ご観劇の前にぜひ、ご覧ください! ※「omoshii mag」(オモシィ・マグ)も6月4日より上演劇場・当サイト・アマゾン等で販売予定です。(文・中村恵美)

  • Google広告 記事下 468×60

  • 楽天広告 記事下 468×160

  • バナーomo11_s

    バナーomo11_s
  • お詫びと修正

    お詫びと修正
  • omo10_banner_small

    omo10_banner_small
  • オモシィ会員登録

    オモシィ会員登録
  • Google広告 サブバー 200×200

  • オモシィマグ6

    オモシィマグ6
  • omo9_small

    omo9_small
  • mag4banner

    mag4banner
  • omo8_small

    omo8_small
  • 川本成のオレ哲学

    川本成のオレ哲学
  • コンビニプリント

    コンビニプリント
  • omo7_small

    omo7_small
  • omoshii mag vol.5

    omoshii mag vol.5
  • オモシィマグvol.3

    オモシィマグvol.3
  • MAG_BANNER

    MAG_BANNER
  • omoshii mag

    omoshii mag
  • MAG2_RENSAI_BANNER

    MAG2_RENSAI_BANNER
  • anfan

    anfan
  • chess01

    chess01
  • banner_Elisabeth

    banner_Elisabeth
  • ロミオとジュリエット

    ロミオとジュリエット
  • 公演情報登録

    公演情報登録
  • Sparkle

    Sparkle
  • アプローズ

    アプローズ
  • イープラス

    チケット購入はこちらから!
  • 突撃!アヒル感激日記

    突撃!アヒル感激日記
  • 劇場彷徨人・高橋彩子の備忘録

    劇場彷徨人・高橋彩子の備忘録
  • 大原薫 There’s only here

    大原薫 There's only here
  • メタ情報