anfan

インタビュー & 特集

kira_00

INTERVIEW! 『きらめく星座』田代万里生さん part.1

井上ひさしの代表作の一つ『きらめく星座』に、田代万里生さんが出演します。稽古真っ盛りの8月下旬、初挑戦となるストレートプレイへの意気込みをうかがいました。
(撮影/熊谷仁男 取材・文/高橋彩子)

INTERVIEW & SPECIAL  2014 9/7 UPDATE

――『きらめく星座』でストートプレイ初挑戦。なぜ、“今”なのでしょうか?

 以前から『ムサシ』『組曲虐殺』『頭痛肩こり樋口一葉』『太鼓たたいて笛ふいて』『兄おとうと』といった井上ひさしさんの舞台を拝見していて、チャンスがあればこまつ座さんのお芝居に出たいなと思っていました。やっとそれがかないます。今年でミュージカル5周年ですし、今年30歳になるので、節目に新たなチャレンジをしなきゃと考えたのも理由です。


――井上ひさし作品に対して、どんなことをお感じになっていますか?

kira_01 ずっと自分が翻訳ものをやってきていたので、最初に井上さんの作品を観た時、畳があったり着物を着ている人が出て来たりすることに、逆に外国のものを目にするような新鮮さがありました。でも、観れば観るほど、自分は日本人なんだなあと実感するんですよね。
 今回の戯曲も、旧仮名遣いで書かれているし、普段使わない言葉が出て来てアクセントの位置もわからなかったりして、フリガナを振ったり意味を書き込んだりしながら「これ、英語の勉強みたいだな」と(笑)。稽古場で他の役者さんからも学ぶところが大きいです。そうやって1行1行、時間をかけて読み込むことで、色々なことに気づかされました。
 
 
――示唆的な言葉がたくさん出て来る戯曲ですよね。日本人の習性を語るくだりなども心に刺さります。

 まさに大衆心理を象徴していますよね。でも、井上さんの場合、狙ったようなかたちではなく、日常会話の中でそれが出てくる。まさに「むずかしいことを やさしく、やさしいことをふかく…」という井上さんご自身の言葉通り、子供にもわかるように、さらっと、グサッと、扱っていらっしゃる。稽古場で毎日触れていると、本当にたくさんの発見があります。だから、観に来てくださる方も、何度観ていただいてもいいでしょうし、本を読んでいただくのもいいのではないでしょうか。


――作品の舞台はレコード店「オデオン堂」。田代さんが演じられるのは、店主である父・信吉(久保酎吉)の長男・正一。継母のふじ(秋山菜津子)は元歌手です。音楽がある環境で育ったところは、田代さんご自身とも通じるのでは?

 正一の場合、レコードがずっと流れていて、お母さんも含め、家族みんなで毎日のように歌っていたと思うんですよ。その中で正一や住み込みの学生である森本(後藤浩明)がピアノを弾いていたりして。僕の家も、レコードもありましたし、音楽家である父と母がホームレッスンをしていたので、生徒さんの歌がひっきりなしに聴こえてきていて。そこは共通していますね。

稽古場にて。

稽古場より


――実際、お芝居の中で、色々な歌を歌われるのですよね?

 当時(昭和15〜16年)の流行歌をみんなで歌います。なんとなく聞き覚えはあっても、僕がちゃんと知っている曲は一つもなかったんですが、聴けば聴くほど良くて。親に訊くとたいてい知っているのが、面白かったし、「ちゃんと繋がっているんだなあ」と嬉しくもありました。
 どれも、声を張り上げて歌うというより、本当にさりげなく、時にはレコードの歌手の真似をしながら歌うので、ミュージカルナンバーとは違うとらえ方になりますね。戯曲にもそう書かれているのですが“力を抜いた”歌い方で、歌詞も柔らかい。それを傷痍軍人の源次郎(山西淳)は軟弱だと言うわけです。軍歌が力強いのに対して、流行歌はそれこそ鼻歌みたい。押しつけられるものとは違う、自然と漂うような曲でもって、庶民は癒されていたんだと思います。

part.2へ続く)

kira_02

☆『きらめく星座』は9月8日(月)〜10月5日(日)紀伊國屋サザンシアターにて上演後、全国各地で上演されます。

[プロフィール]

kira_pro

たしろ・まりお
埼玉県出身。東京芸術大学音楽学部声楽科卒業。ミュージカルを中心に活躍。ソリスト グループ「ESCOLTA(エスコルタ)」としても活動。〈主な作品〉【舞台】『エニシング・ゴー ズ』『シラノ』(演出:山田和也)『トゥモロー・モーニング』(演出:荻田浩一)『スリル・ミー』 『ピアフ』(演出:栗山民也)『サンセット大通り』(演出:鈴木裕美)『ボニー&クライド』(演 出:田尾下哲)【テレビ】「ハモネプ★スターリーグ」「女優麗子 炎のように」等。今回、こ まつ座へ初出演。第 39 回菊田一夫演劇賞受賞。ホリプロ所属。


[公演情報]

こまつ座 第 106 回公演・紀伊國屋書店 提携『きらめく星座』
9月8日(月)~10月5日(日)  紀伊國屋サザンシアター
作:井上ひさし
演出:栗山民也
出演:秋山菜津子、山西惇、久保酎吉、田代万里生、木村靖司、後藤浩明、深谷美歩、峰﨑亮介、長谷川直紀、木場勝己
問い合わせ:こまつ座 03-3862-5941
公式サイト●http://www.komatsuza.co.jp/



LINEで送る

  • Google広告 記事下 468×60

  • 楽天広告 記事下 468×160

  • バナーomo11_s

    バナーomo11_s
  • お詫びと修正

    お詫びと修正
  • omo10_banner_small

    omo10_banner_small
  • オモシィ会員登録

    オモシィ会員登録
  • Google広告 サブバー 200×200

  • オモシィマグ6

    オモシィマグ6
  • omo9_small

    omo9_small
  • mag4banner

    mag4banner
  • omo8_small

    omo8_small
  • 川本成のオレ哲学

    川本成のオレ哲学
  • コンビニプリント

    コンビニプリント
  • omo7_small

    omo7_small
  • omoshii mag vol.5

    omoshii mag vol.5
  • オモシィマグvol.3

    オモシィマグvol.3
  • MAG_BANNER

    MAG_BANNER
  • omoshii mag

    omoshii mag
  • MAG2_RENSAI_BANNER

    MAG2_RENSAI_BANNER
  • anfan

    anfan
  • chess01

    chess01
  • banner_Elisabeth

    banner_Elisabeth
  • ロミオとジュリエット

    ロミオとジュリエット
  • 公演情報登録

    公演情報登録
  • Sparkle

    Sparkle
  • アプローズ

    アプローズ
  • イープラス

    チケット購入はこちらから!
  • 突撃!アヒル感激日記

    突撃!アヒル感激日記
  • 劇場彷徨人・高橋彩子の備忘録

    劇場彷徨人・高橋彩子の備忘録
  • 大原薫 There’s only here

    大原薫 There's only here
  • メタ情報