anfan

インタビュー & 特集

DSC04305 (1) - コピー

SPECIAL!地球ゴージャスプロデュース公演 Vol.13『クザリアーナの翼』

1月8日に開幕する地球ゴージャスプロデュース公演 Vol.13『クザリアーナの翼』。稽古も佳境を迎えるなか、主宰の岸谷五朗さん・寺脇康文さん、10年ぶりに地球ゴージャスに参加する風間俊介さんが大阪での合同取材に出席しました。いよいよ見えてきた今作について詳しくお届けします。(取材・文/小野寺亜紀)

INTERVIEW & SPECIAL  2013 12/29 UPDATE

「人々の心をゴージャスにする」という志のもと、岸谷五朗さんと寺脇康文さんが立ち上げた「地球ゴージャス」。超一級のエンターテインメントと、岸谷さんが生み出す笑いあり涙ありのオリジナルストーリーで感動を届け、今や全国12万人を動員する演劇ユニットに成長。結成20周年となるVol.13『クザリアーナの翼』は、架空の国“ジャメーリア”を舞台にした壮大なヒューマン・ストーリーで、3カ月に及ぶ全国公演を敢行します。

合同取材で寺脇さんが、「今、魂を込めて稽古をしています。いつものように楽しく笑い、ダンスで鳥肌が立ち、アクションで手に汗握り、そして最後に“生きる”ということに対して何か大きなものを感じていただける作品を!と懸命に作っています」と言えば、岸谷さんも「この作品で演劇界に革命を起こせたら!」と熱いコメント。「稽古期間が長くて2カ月以上あり、非常にいい仕上がりです。オーディションで集まったメンバーもかなりレベルアップしていて、稽古場で僕の演出席からキャストのみんなに見せたい!と思う瞬間が何度もあります。お客様の鳥肌を立たせられる自信があります」(岸谷)

 『クラウディア』以来10年ぶりの地球ゴージャス参加となる風間俊介さんは、「今回はみんなでひとつの架空の国、文化を作っていくので、特にキャストそれぞれが集まったときの力を観ていただきたいです。僕の役どころは、4つの階級の中で一番下の階級に生きている少年。革命が進んでいく中で戦いを望んではいないけど、運命に翻弄されながら革命の先頭に立つことになります」。演じる少年ガンクツ役が物語の要となるようです。

 風間さんの役者としての実力を高く評価している岸谷さん。「10年前に『クラウディア』で俊介が演じてくれた役は最年少で、一番重い役だったんじゃないかな。一度も笑顔を見せない少し偏った役を、本当に見事に演じてくれました。あれから俊介もいろいろな経験を積んで、今度は地球ゴージャスの持つ全てのエンターテインメントを任せられるようになりました」(岸谷)

今回、岸谷さんと寺脇さんは、かつてないほどずっと同じ場面に登場しているとのこと。寺脇さんは「僕と五朗も俊介も最下層のデッシュという民のひとりで、湖月わたるさん、宮澤佐江ちゃんの5人組でずっと一緒に動くんですよ。テーマ的には重いところもあるけど、ここは明るくしていけるのではと思います。僕が演じるキジーは、よく親戚のおじさんで“あの人いい人だけどお酒が入るとね~”という人いるじゃないですか。そういうダメダメだけど憎めない、そして過去に武勇伝もあるような役です」。

そんな5人組から、さらに岸谷さん・寺脇さん・風間さんの3人での芝居もあるそうで、風間さんはそんなとき、「今まで客席からもずっと見てきた、地球ゴージャスのふたりが生み出す空気感、愛される理由がそこにあって、『そうそう僕もこれが好き、これをお客様に届けたい』と感じるんです」としみじみ。稽古場では演出で何かと忙しい岸谷さんに代わって、「一番近くにいる女房役の寺脇さんから作品の世界観を教えてもらうこともあり、本当にふたりでひとつの夫婦なんだと思います。絶対に壊れない夫婦のもとで、僕らは伸び伸びと幸せに愛情を受けながら育つことができる子どもみたいなもの。そんな安心感があります」と、地球ゴージャスの魅力に通じるコメント。

岸谷さんは前作『海盗セブン』の初日ぐらいから、今作の構想があったと言います。「前作は東日本大震災で涙にくれた日本を元気にしたいという想いがありました。演劇で被災地に寄付もできたという達成感も経て、今度はたくさん張っているアンテナの中に、世界情勢のなんだか気持ち悪い雲行きがひっかかってきて。そこから“ジャメーリア”という国を作って物語を書き上げました」(岸谷)

地球ゴージャスが得意とする王道的エンターテインメントでありながら、未来のために命をかけ信念を貫く骨太なテーマが一本通った意欲作になることは必至です。

ダイワハウス Special
地球ゴージャスプロデュース公演 Vol.13『クザリアーナの翼』
作・演出:岸谷五朗
出演:中村雅俊 風間俊介 山本裕典 宮澤佐江 佐藤江梨子 湖月わたる
岸谷五朗・寺脇康文 他

【東京公演】2014年1月8日(水)~2月20日(木) 赤坂ACTシアター
【名古屋公演】2014年2月26日(水)~3月1日(土) 愛知県芸術劇場 大ホール
【福岡公演】2014年3月7日(金)~3月12日(水) キャナルシティ劇場
【大阪公演】2014年3月18日(火)~3月31日(月) 梅田芸術劇場 メインホール

公演に関するお問い合わせ/地球ゴージャスFC 03-5457-3485(平日15:00~18:30)

地球ゴージャス公式HP:http://www.chikyu-gorgeous.jp/vol_13/

 

 

 

LINEで送る

  • Google広告 記事下 468×60

  • 楽天広告 記事下 468×160

  • omo10_banner_small

    omo10_banner_small
  • omo9_small

    omo9_small
  • omo8_small

    omo8_small
  • omo7_small

    omo7_small
  • 川本成のオレ哲学

    川本成のオレ哲学
  • オモシィマグ6

    オモシィマグ6
  • mag4banner

    mag4banner
  • omoshii mag vol.5

    omoshii mag vol.5
  • コンビニプリント

    コンビニプリント
  • オモシィマグvol.3

    オモシィマグvol.3
  • MAG_BANNER

    MAG_BANNER
  • オモシィ会員登録

    オモシィ会員登録
  • Google広告 サブバー 200×200

  • omoshii mag

    omoshii mag
  • MAG2_RENSAI_BANNER

    MAG2_RENSAI_BANNER
  • anfan

    anfan
  • chess01

    chess01
  • banner_Elisabeth

    banner_Elisabeth
  • ロミオとジュリエット

    ロミオとジュリエット
  • 公演情報登録

    公演情報登録
  • Sparkle

    Sparkle
  • アプローズ

    アプローズ
  • イープラス

    チケット購入はこちらから!
  • 突撃!アヒル感激日記

    突撃!アヒル感激日記
  • 劇場彷徨人・高橋彩子の備忘録

    劇場彷徨人・高橋彩子の備忘録
  • 大原薫 There’s only here

    大原薫 There's only here
  • メタ情報