anfan

インタビュー & 特集

yana_10

INTERVIEW! 『タンブリング』vol.3 柳下 大さん part2

柳下 大さんが8月に出演する舞台『タンブリング』vol.3は、舞台版の第3弾で、ドラマの3年後の物語。高校から大学の新体操部に舞台を移し、柳下さんがドラマで演じた水沢 拓を中心に、就職活動などリアルな問題を抱えた登場人物たちの青春模様が描き出されます。この舞台で柳下さんはドラマと同じ水沢 拓の3年後の姿を演じます。(写真/笹井孝祐 取材・文/臼井祥子)

INTERVIEW & SPECIAL  2012 6/12 UPDATE

*柳下さんの演じる水沢 拓という役について教えてください。

ドラマでは、高校の新体操部の副部長で、温厚で、思ったことを的確に言える心優しい男の子でした。舞台では大学生になって、大学生なりの悩みを抱えて、ある事件をきっかけに新体操から離れてしまっています。夢を追いかけるのか、現実を見るべきか、ドラマの時よりも人物像が濃く出ることになると思います。

ドラマからリアルに3年経っているんですよね。作品の中でも3年経って高校生だった水沢 拓が大学生になっている。自分も役も同じ時間が経っているから、柳下個人の成長と役の成長や挫折と重なる部分もあるだろうし、そういう意味ではやりやすいんじゃないかな。

*舞台でも新体操はやるんですよね?

はい。3年ぶりにやるのであせらずちょっとずつ取り戻して、前のスキルより上を目指したいですね。

新体操は、ドラマの時は楽しかったんですけど、8か月間練習をしている間に相当体にガタが来ていたみたいで、最後の最後はみんなギリギリだったんですよ。あちこちテーピングして、疲労で足が上がらないくらい。でもそれでも楽しくて、すごくハードな練習もつらくなくて……たぶん僕は新体操が好きなんですよ。それをまたできるのはうれしいです。ケガだけはしないように気をつけないといけないですけど。

*ほかの出演者の方はいかがですか?

今回、馬場徹くんが出演してくれるのは、自分の中で大きいなと思っています。すごく注目されている役者さんだし、今まで『タンブリング』のような若手俳優がたくさん出る舞台をご覧になっていない「演劇好き」な方も観にきてくださると思うんですよ。だからそういう方たちをがっかりさせないというか、そういう方にも楽しんでいただけるように、芝居のところもしっかりやって、もちろん新体操やダンスもちゃんとやりたい。

『タンブリング』って盛りだくさんなんですよ。新体操もあれば、ダンスもあってお芝居もあって。そこを全部妥協しないで一個一個しっかりやっていきたいですね。そのためには、舞台を一公演ちゃんとやった上で、最後に新体操の演技を見せる力がないといけない。本当に肉体的な部分も技術的な部分も鍛えないといけないです。

ハードな舞台だけど、そこが魅力だと思うんですよ。上っ面じゃできない。ガムシャラにやらないとついていけないので、役を超えた、芝居を超えた熱さ、情熱がある。それがこの作品の魅力だし独特なものだと思うので、それを感じていただけたらと思いますね。

*座長として、共演者の皆さんをどんなふうに引っ張っていこうと思っていますか?

定期的にみんなで飯に行きたいです。それで言いたいことを言い合えるように。思っていることを口に出さないで抱えているのは面倒くさいので、「僕らは一つのチームなんだ」という意識をみんなに持ってほしいな、と思っています。

*新体操未経験な方が多いと思うのですが、ドラマでの経験者としてアドバイスするとしたら?

経験者なんて言えるほどやってないです(笑)。でもしいて言うとしたらなんだろうなあ…。

ドラマの撮影をしていた時に、みんな言ってたんですけど、柔軟が一番きついんですよ。華麗なタンブリング技というのは練習していれば、パッとできる部分もあるのですが、柔軟は日々の積み重ねなので、急にやれと言われてできるものじゃないんです。毎日の努力の成果だからこそ、そこをしっかりやりたいですね。やったほうがいいと思います、みんな。

役者は、体が柔らかくて損なことはないと思うんです。だから今回そこは妥協しないで、股を開いて体を前に倒したら床にピタッとつくくらい、頑張りたいです。筋トレと柔軟は急にはできないので、稽古が始まる前から始めています。

あとは…バランスとか鹿倒立とかが以外に難しいんですよ。必ず演技に取り入れないといけなんですね。柔軟もそう。地味なんだけど、そういうところはちゃんとやりたいですね。そこがあってこその、派手な技なんで。

*盛りだくさんな舞台とのことですが、新体操以外の見せ場はどうですか。

踊れるキャストもたくさんいるし、vol.1、vol.2でもダンスが入っているので、ダンスはきっとやると思うんですけど……そこはあんまり自信がないです(笑)。僕とばーちょん(馬場徹)は「芝居は僕らが引っ張っていくけど、ダンスはみんなについていくぞ」って話してます(笑)。

とにかく今しかできない、今のキャストでしかできない『タンブリング』の一体感、情熱を伝えて、観にきてくださった方に「観てよかったな」と、心に残るような素敵な作品にしたいと思いますので、ぜひ楽しみにしていてください。

舞台『タンブリング』vol.3は、東京・東京国際フォーラム ホールCで8月8日より、大阪・イオン化粧品 シアターBRAVA!で8月17日より、上演されます。

(柳下 大さんの写真は、登録無料の会員限定ページでも公開中です)

柳下 大さんの生写真付きサイン色紙をプレゼント。詳しくはプレゼントページをご覧ください。

 

[プロフィール]

柳下 大

やなぎした・とも
1988年6月3日生まれ、神奈川県出身
2006年、第3回D-BOYSオーディショングランプリを受賞。同年ミュージカル『テニスの王子様』に出演し人気を博す。その後、ドラマ『タンブリング』『下流の宴』『花ざかりの君たちへ〜イケメン☆パラダイ〜2011』などに出演。舞台はD-BOYS STAGE のほか、『スイッチを押すとき』『熱海殺人事件』など外部の作品でも活躍している。

[公演情報]

舞台『タンブリング』vol.3

8月8日(水)〜12日(日) 東京国際フォーラム ホールC
8月17日(金)〜19(日) イオン化粧品 シアターBRAVA!
演出・振付:増田哲治(TETSUHARU)
脚本:広田光毅
出演:柳下大 馬場徹 佐々木喜英 木戸邑弥 春川恭亮 青柳塁斗 延山信弘 志尊淳 土屋シオン 浅香航大 江田結香・新垣里沙/石井正則
問い合わせ:DHE 03-5457-8880(平日12:00-18:00)
公式HP:http://www.tbs.co.jp/event/tumbling3/

 

LINEで送る

  • Google広告 記事下 468×60

  • 楽天広告 記事下 468×160

  • バナーomo11_s

    バナーomo11_s
  • お詫びと修正

    お詫びと修正
  • omo10_banner_small

    omo10_banner_small
  • オモシィ会員登録

    オモシィ会員登録
  • Google広告 サブバー 200×200

  • オモシィマグ6

    オモシィマグ6
  • omo9_small

    omo9_small
  • mag4banner

    mag4banner
  • omo8_small

    omo8_small
  • 川本成のオレ哲学

    川本成のオレ哲学
  • コンビニプリント

    コンビニプリント
  • omo7_small

    omo7_small
  • omoshii mag vol.5

    omoshii mag vol.5
  • オモシィマグvol.3

    オモシィマグvol.3
  • MAG_BANNER

    MAG_BANNER
  • omoshii mag

    omoshii mag
  • MAG2_RENSAI_BANNER

    MAG2_RENSAI_BANNER
  • anfan

    anfan
  • chess01

    chess01
  • banner_Elisabeth

    banner_Elisabeth
  • ロミオとジュリエット

    ロミオとジュリエット
  • 公演情報登録

    公演情報登録
  • Sparkle

    Sparkle
  • アプローズ

    アプローズ
  • イープラス

    チケット購入はこちらから!
  • 突撃!アヒル感激日記

    突撃!アヒル感激日記
  • 劇場彷徨人・高橋彩子の備忘録

    劇場彷徨人・高橋彩子の備忘録
  • 大原薫 There’s only here

    大原薫 There's only here
  • メタ情報