インタビュー & 特集

tana_10

INTERVIEW! 舞台『銀河英雄伝説』田中芳樹先生 part2

2011年1月より始まった舞台『銀河英雄伝説』。4月14日にいよいよ「第二章自由惑星同盟篇」が幕を開けます。オモシィでは、原作者の田中芳樹先生にインタビューしました。part1に引き続き、part2では「自由惑星同盟篇」の話を中心にお届けします。

(取材・文/臼井祥子)

INTERVIEW & SPECIAL  2012 4/14 UPDATE

「自由惑星同盟篇」の主人公、ヤン・ウェンリーの誕生日を原作者の田中芳樹先生と一緒に祝うイベントが行われた4月4日、お時間をいただいて、作品のことや舞台のことなど、さまざまなお話をうかがいました。

●「第二章自由惑星同盟篇」は、アスターテ会戦からヤンのイゼルローン攻略までをヤンとジェシカとラップとの関係を織り込みながら描くことになるそうですね。

ヤンはこれ以外に色っぽい話はないんですよね。考えてみると、三角関係だったんだなあ…。でも、ヤンを河村隆一さんがおやりになるので、そうなるとなんでヤンが振られたのかわからなくなるぞと思いますね(笑)。

●河村さんがヤンと聞いた時はいかがでした?

最初はピンと来なくて、驚いていたら、「河村隆一さんが演じてくださるという意味がわかっているのか」と(マネージャーに)怒られました(笑)。お会いしてお話ししたら、ものすごくよく読んでくださっているんですよね。いろいろ質問もしてくださったんですけど、正直、僕はそこまで考えていない。もう本当にこの方にやっていただくというのは原作者冥利に尽きますね。

●もしも先生がこの舞台に出演するとしたら、年齢性別関係なく興味のあるキャラはいますか?

いや、僕、おのれを知っているから、人前に出ようとは思わないんですけど、しいていえばトリューニヒトにでもなって悪の限りをつくしてみたいなと思います。今にしてみるとまだまだ彼にも甘いところがありました。もっと悪くなれましたね。惜しいことをしました(笑)。

●特に同盟側の事情は、今の時代のことを描いていらっしゃるようにも思えるのですが、今、ご自分の作品を振り返られていかがですか。

あの時は水晶玉を見ながら書いたわけじゃないんですよね。アメリカ製のスペースオペラなんかを読んでいまして、そうすると善悪が単純で気持ちいいんですけども、悪役にも言い分があるんじゃないかなという気もしました。それで歴史の本なんかを読んでみると、善悪が明確な戦いというのは非常に少ない。どっちにも正義があって、少なくとも言い分がある。そういうところを書けたらいいなという気持ちはありました。

たとえばラインハルトのお父さんとか皇帝陛下ですとかね。ラインハルトは一途に怒りをぶつけますけど、今の年の僕だったら、「坊や、大人にはいろいろあるんだよ」と言いそうな気がしますね(笑)。もうちょっとやられ役の人たちについて深く書き込めていたらよかったなという気はします。でも若いころだから書けたんで、今そういうことを承知して書いて、もっと面白いものが書けるかというと全然、別問題ですね。

●ありがとうございました。最後に読者のみなさんにメッセージをお願いします。

舞台『銀河英雄伝説』を原作者自身がすごく楽しみにして期待しております。いままで、出演者や関係者の方々のお話をうかがっていると、その熱意にこちらが圧倒されるほどです。決して皆さんを失望させることはないと思います。ぜひ劇場にいらして、どこか片隅に原作者が隠れているかもしれませんので、どうぞ楽しみにきてください。

 

舞台『銀河英雄伝説』第二章 自由惑星同盟篇は、東京国際フォーラム ホールCにて4月14日(土)〜22日(日)、NHK大阪ホールにて4月28日(土)〜29日(日・祝)に上演されます。

最後に、インタビュー後に行われたイベントの風景もお届けしますね。

「原作・田中芳樹先生とヤン・ウェンリーの誕生日をお祝いする会」のイベント風景

ヤン・ウェンリーのバースデーケーキと一緒に

バースデーケーキは、この後、お客さんに振る舞われました

 

[プロフィール]

田中芳樹

たなか・よしき
1978年『緑の草原に……』で幻影城新人賞を受賞してデビュー。1982年より『銀河英雄伝説』を発表、アニメ化もされる人気作品になり、88年には同作で星雲賞(長篇部門)を受賞。2006年には『ラインの虜囚』でうつのみやこども賞を受賞する。そのほかの主な作品に『アルスラーン戦記』『創竜伝』『薬師寺涼子の怪奇事件簿』シリーズなど。

 

[公演情報]

『銀河英雄伝説』第二章 自由惑星同盟篇

東京国際フォーラム ホールC 4月14日(土)〜22日(日)
NHK大阪ホール 4月28日(土)〜29日(日・祝)
原作:田中芳樹 「銀河英雄伝説」シリーズ(創元SF文庫刊)
脚本:村上桃子 演出:西田大輔 音楽:三枝成彰
総合監修:田原正利 総合プロデュース:多賀英典
出演:河村隆一、馬渕英俚可、野久保直樹、大澄賢也、天宮 良、中川晃教、はねゆり、井田國彦、金澤博、荒木健太朗(Studio Life)、伊藤哲哉、長澤奈央、桑代貴明、中村誠治郎、大山真志、仲原裕之(Studio Life) 、川隅美慎、松井 誠、西岡徳馬 他
問い合わせ:
サンライズプロモーション東京 0570-00-3337(全日10:00-19:00)
キョードーインフォメーション 06-7732-8888
http://gineiden.jp/

LINEで送る

  • Google広告 記事下 468×60

  • 楽天広告 記事下 468×160

  • omoshii 13 申し込み

    omoshii 13 申し込み
  • omoshii12

    omoshii12
  • 川本成のオレ哲学

    川本成のオレ哲学
  • オモシィ会員登録

    オモシィ会員登録
  • Google広告 サブバー 200×200

  • バナーomo11_s

    バナーomo11_s
  • omo10_banner_small

    omo10_banner_small
  • omo9_small

    omo9_small
  • omo8_small

    omo8_small
  • お詫びと修正

    お詫びと修正
  • omo7_small

    omo7_small
  • オモシィマグ6

    オモシィマグ6
  • omoshii mag vol.5

    omoshii mag vol.5
  • mag4banner

    mag4banner
  • オモシィマグvol.3

    オモシィマグvol.3
  • MAG_BANNER

    MAG_BANNER
  • コンビニプリント

    コンビニプリント
  • omoshii mag

    omoshii mag
  • MAG2_RENSAI_BANNER

    MAG2_RENSAI_BANNER
  • anfan

    anfan
  • chess01

    chess01
  • banner_Elisabeth

    banner_Elisabeth
  • ロミオとジュリエット

    ロミオとジュリエット
  • 公演情報登録

    公演情報登録
  • Sparkle

    Sparkle
  • アプローズ

    アプローズ
  • イープラス

    チケット購入はこちらから!
  • 突撃!アヒル感激日記

    突撃!アヒル感激日記
  • 劇場彷徨人・高橋彩子の備忘録

    劇場彷徨人・高橋彩子の備忘録
  • 大原薫 There’s only here

    大原薫 There's only here
  • メタ情報