anfan

インタビュー & 特集

kato_10s

INTERVIEW!  ドラマ『Fallen Angel』&舞台『レシピエント』加藤和樹さん part2

役者としてアーティストとして、精力的に活動をつづける加藤和樹さん。2012年は1月に初めての主演連続ドラマ『Fallen Angel』が放送開始。さらに2月末から佐藤江梨子さんとのダブル主演舞台『レシピエント』が上演されます。ドラマの放送直前、舞台はまだ稽古が始まる前の1月中旬に、二つの主演作品を控えた加藤さんにお話をうかがいました。

(撮影/望月 研 取材・文/臼井祥子)

INTERVIEW & SPECIAL  2012 2/17 UPDATE

2月29日に始まる舞台『レシピエント』は、臓器移植をテーマに魂の在処を問いかける、G2演出の新作舞台。佐藤江梨子さんとダブル主演する加藤さんは、極悪非道な取り立て屋で、交通事故で臓器移植手術を受け一命を取り留めるも、次第に性格が変わっていくという難役に挑戦します。

「最初にお話を頂いた時に、主演でしかもG2さんの舞台と聞いて、おお!G2さんかとうれしく思いました。でもとても難しい役です。

僕が演じるのは取り立て屋の合田という男なんですが、臓器移植を受けて性格が変わっていく。急に鉄道に詳しくなったり、やったこともないゲームがいきなりクリアできちゃったりするんですよ。好物も変わって、それまでコーヒーはブラックしか飲めなかったのに、イチゴミルクを飲みだしたりする。自分の中で何が起きているのかわからない。それでドナー(臓器提供者)を調べてみたらオタク男で、しかも……と衝撃の事実が発覚します。

取り立て屋もオタクの役もやったことがないですし、合田のパニック状態を表現するのは難しそうですけど、新鮮で面白いなと思います。それにテーマは重いけど笑えるシーンもある。すごく怖い人がイチゴミルクを飲んだり。そのギャップが面白くなるんじゃないかと。

G2さんからは、まだ具体的なことは何も聞いていないです。年末に一度ワークショップをやったんですが、本格的なホン読みはこれから。稽古が始まるまでは”あまり読み込まないで”と言われているんです。”セリフを完璧に覚えちゃうと言い方が自分の中でできちゃうから、それは現場で作っていきたいから”って。そんなこと言われたの、これが初めてです。

ワークショップは、共演の大野(拓朗)くんが初舞台なので基本的なことをやりました。ゲームをとおして、名前を呼びあうテンポ感を養ったり、目線を受けとる、渡すという経験をしたり。それから台詞の届け方の違いを学んだりもしました。同じ台詞でも、壁にぶつけるように言うのと、周りに響き渡るように言うのと、そういう言い方で伝わり方が全然違うんだよってこととか。

もちろん僕はこれまでに何度も舞台に立っていて、それは頭ではわかっていることです。でもわかっていることが全部できるわけではない。だからワークショップは何万回やっても勉強になります。初心って本当に大事ですよね」

今回の舞台は、佐藤江梨子さんとのダブル主演。佐藤さんは合田のドナーの姉で、盲目で腎臓移植を必要としている女性を演じます。

「サトエリさんとは、今回の仕事が初共演です。パワフルな方ですよね。想像していたよりずっとアグレッシブ。『クローサー』という舞台に出演していらした時に観ているんですが、その時の役もパワフルな役でした。でも今回演じるのは正反対の儚げな女性。どんなふうに演じられるのか、稽古が始まるのが楽しみです」

加藤さんは役者と同時にアーティストとしても活躍しています。昨年末、ソロ活動を封印して、伊達幸志さんとふたりでユニット・JOKERを結成。12月にデビューシングルを発売しました。5月には初ライブも予定しています。今回『レシピエント』のイメージソング「pain」をJOKERが演奏。加藤さんは作詞作曲も手掛けています。

「『pain』は脚本を読んで自分が感じたことをそのまま歌にしました。これまで作った曲とは違う重いマイナー系の曲になりました。生きていくってことは楽しいことばかりじゃない。痛みを感じたり、大切なことを見失ったりすることもある。それを認めることも大事かなと。

役者として立つ舞台で、アーティストとしての表現も伝えられる。実際に舞台の上で歌うわけではないと思いますが、なかなかないことなので、とてもうれしいです」

また4月には韓流ドラマの舞台化作品、ミュージカル『コーヒープリンス1号店』に出演が決まりました。

「ドラマは観ていましたけど、どんなふうにミュージカルになるのか今のところまったくわかりません。演出が上島(雪夫)さんなので、とても楽しみではあります。僕がこれまで出演してきたミュージカルは、ロックミュージカルが多かったんです。山崎育三郎さんのような本格的なミュージカル界の役者さんたちがたくさんいる舞台に出演させていただくのはこれが初めて。歌い方も違うでしょうし、勉強になると思います。

実は今までは、歌は歌、芝居は芝居で観たいって気持ちが強かったんですよ。だからミュージカルにそこまで興味がなかった。でも年齢を重ねてきて、最近ようやく、そこでしか表現できないことがあるんだと気がつきました。今はやれるチャンスがあるなら、やらせていただきたいと思っています。

『コーヒープリンス1号店』では山崎さんのいいところを盗みたいし、ほかの仕事でも、たくさんの人との出会いの中で、いい意味で変わっていきたい。これからももっともっといろいろな芝居に挑戦していきたいですね」

 

加藤和樹さんのサイン入りインスタント写真をプレゼント。
詳しくはプレゼントページをご覧ください。
(加藤和樹さんの写真は、登録無料の会員限定ページでも公開中です)

 

[プロフィール]

加藤和樹
かとう・かずき
1984年10月7日生まれ、愛知県出身。
ミュージカル『テニスの王子様』跡部景吾役で脚光を浴びる。翻訳劇『罠』(主演)やロックミュージカル『King of the Blue』などの舞台に出演するかたわら、『ホタルノヒカリ』『インディゴの夜』など映像作品でも活躍。2006年にアーティストデビューし、5周年を迎えた2011年には東京、名古屋、兵庫の3都市でホールツアーを開催。秋には12か所で全国TOURを行った。2011年末に伊達幸志とユニットJOKERを結成。2012年5月3日にファーストライブを予定している。またミュージカル『コーヒープリンス1号店』(東京・青山劇場4月13日−21日、大阪・森ノ宮ピロティホール5月10日−13日)にも出演決定。
加藤和樹公式サイト●http://kazuki-kato.jp
JOKERツイッター●@JOKER_KD

 

[放送・公演情報]


『Fallen Angel』
BS朝日 毎週土曜 深夜2:00〜2:30
出演:加藤和樹、植原卓也、北村匠海/安澤千草、佐々木喜英、中村靖日、松本拓海/千葉雄大ほか

http://www.bs-asahi.co.jp/fallenangel/

 

 
『レシピエント』
2月29日(水)~3月11日(日) 紀伊國屋ホール
演出:G2 脚本:桝野幸宏
出演:佐藤江梨子 加藤和樹/橋本淳 大野拓朗 柳澤貴彦 吉川友/三上市朗
イメージソング:JOKER「pain」
問い合わせ:DHE@stage 03-5457-8883(平日11:00〜18:00)
公式ブログ:http://recipient.exblog.jp/

LINEで送る

  • Google広告 記事下 468×60

  • 楽天広告 記事下 468×160

  • バナーomo11_s

    バナーomo11_s
  • お詫びと修正

    お詫びと修正
  • omo10_banner_small

    omo10_banner_small
  • オモシィ会員登録

    オモシィ会員登録
  • Google広告 サブバー 200×200

  • オモシィマグ6

    オモシィマグ6
  • omo9_small

    omo9_small
  • mag4banner

    mag4banner
  • omo8_small

    omo8_small
  • 川本成のオレ哲学

    川本成のオレ哲学
  • コンビニプリント

    コンビニプリント
  • omo7_small

    omo7_small
  • omoshii mag vol.5

    omoshii mag vol.5
  • オモシィマグvol.3

    オモシィマグvol.3
  • MAG_BANNER

    MAG_BANNER
  • omoshii mag

    omoshii mag
  • MAG2_RENSAI_BANNER

    MAG2_RENSAI_BANNER
  • anfan

    anfan
  • chess01

    chess01
  • banner_Elisabeth

    banner_Elisabeth
  • ロミオとジュリエット

    ロミオとジュリエット
  • 公演情報登録

    公演情報登録
  • Sparkle

    Sparkle
  • アプローズ

    アプローズ
  • イープラス

    チケット購入はこちらから!
  • 突撃!アヒル感激日記

    突撃!アヒル感激日記
  • 劇場彷徨人・高橋彩子の備忘録

    劇場彷徨人・高橋彩子の備忘録
  • 大原薫 There’s only here

    大原薫 There's only here
  • メタ情報