インタビュー & 特集

「全員前のめりで、マジで楽しかった!」高橋健介インタビュー

『映画演劇 サクセス荘 〜侵略者Sと西荻窪の奇跡〜』で、弁護士を目指す男・ミスターを演じる高橋健介。シリーズ初期からの変化や映画版ならではの魅力をたっぷりと教えてくれた。(撮影/増田 慶 文/横澤由香 スタイリング/MASAYA)

INTERVIEW & SPECIAL 2022 1/2 UPDATE

──はじめての映画演劇、撮影はいかがでしたか?

 カメラ26台に、仲間感のある役者たちに…これ、マジで楽しかった! あとなんと言ってもスタッフの愛がでかい。人数もめちゃめちゃいたんですけど、全員前のめりでリハの時とかもずっと笑ってくれてて、“みんなで作り上げてる感が”すごいあった。ゲストとのやりとりも含めてすごく楽しかったです。

──ここまでレギュラー陣が積み上げてきたモノも大きかったかと。

 もちろん。あの、ドラマって本番が始まる前に“同期を取る”っていうのがあるんです。カメラとかのスタートの確認みたいなことで、パンって音を出してから撮影が始まる。それはごく当たり前の準備なんだけど、『サクセス荘』のメンバーは結構それが好きで、スタッフの人がやるんですよね、パンって。で、その音がうまく行く時とちょっとかすれちゃう時とがあって、それを毎回みんなでジャッジするんですよ。「ナイスサクセス」か「ノットサクセス」かって。

──舞台本番前にやる円陣の声出しみたいですね。

 僕らの恒例行事(笑)。今回は久しぶりだし、映画だし、もうそこからみんなで盛り上がってました。

──そして挑んだノンストップ、1本勝負。

 なので。冒頭でめちゃくちゃ楽しかったって言いましたけど、相当疲れましたよ(笑)。リアルタイムの芝居だけどお客様はいないので、ホント、舞台でもなくテレビでもなく…まさにこれは“映画演劇”。新しいジャンルを作ってるんだなぁって思いましたし、これまでの成長過程もしっかり見てもらえるはず。身内を褒めるのもあれですけど、1期の頃なんてみんなの中に“噛んじゃいけない”みたいな緊張感がまずあったんですけど、こうして映画になってみると、“ノンストップで演じきる”という命題の前ではもはやそんなことは大した問題ではないということがみんなわかってる。3期を通して毎回新しいことに挑戦して、新しいことを獲得して、そこで楽しんで観てくれている視聴者の皆様と共に僕らも大いに成長できた足跡全部が『サクセス荘』。そしてその集大成が映画なんだなって、確信してます。

──高橋さん演じるミスターは弁護士志望。個性の強い人物が多いサクセス荘の中では服装も含め、常識人な青年という立ち位置でしたよね。

 そうですね。1期の時は特にみんなそれぞれの役の設定をしっかり背負ってやってたと思うんですけど、段々と反省会とかでの本人の色を出しはじめたらそれが台本に反映されはじめて。だって、アンテナとミスターの小競り合いなんて、当初は考えられなかった関係ですよ。でも2、3期と主に反省会で僕と有澤がわちゃわちゃ揉めてる様子が本編にも取り入れられちゃったのかなって(笑)。そういった意味でも本当にスタッフ、監督、脚本、出演者が共にやりながら変化・成長していった部分は大きいので…。

──確かに。ミスターに限らず“逆当て書き”みたいなことでキャラクターが膨らみ、よりみなさんが生き生きと演じられているのは伝わってきました。

 あ、でも映画は逆に騒動に対して冷静に物事を言うミスター、みたいなところはありましたね。ただもう自然とお互いの立ち位置や色味が自分たちの中でできているので、あらためてミスターだからこうだよねとかって、あんまり考えなかったかも。そこは出来上がりを見て自分がどう感じるのかを楽しみにしています。

──映画から参加のS4のみなさんとの絡みはいかがでした?

 キャリア的にはみんなそれぞれに活躍されている方々ですけど、『サクセス荘』的には初参加の新メンバーだしなぁ…っていう気持ちでいたんです、正直最初は。でもみんなめちゃくちゃしっかりしてて、それこそ僕らがテレビで2年半かけてやってきたことを彼らはもうこの1日でやっちゃってる感じがすごいあって! それがサクセス荘を乗っ取る勢いでやってきてる4人の役柄ともすごく合ってて、なんか僕らが今のポジションから蹴落とされるというか、圧倒されちゃうというか(笑)。僕たち楽しく仲良くやってたけど、そこに起爆剤的に、すごくいい4人の役者さんが来てくれたな、ありがとうって感じ。マジでちゃんとすごいS4でした。

インタビューの全文は現在発売中の『omoshii press オモシィプレス』vol.18でご覧いただけます。

詳細&ご購入は↓

『映画演劇 サクセス荘 〜侵略者Sと西荻窪の奇跡〜』はイオンシネマほか全国上映中。詳しくは下記公式サイトまで。
https://www.tv-tokyo.co.jp/success_soum/


  • Google広告 記事下 468×60

  • online shop

    online shop
  • オモシィ会員登録

    オモシィ会員登録
  • Google広告 サブバー 200×200

  • お詫びと修正

    お詫びと修正
  • 公演情報登録

    公演情報登録
  • 川本成のオレ哲学

    川本成のオレ哲学
  • 書店バナー

    書店バナー
  • anfan

    anfan
  • 15バナーA

    15バナーA
  • バナーomo11_s

    バナーomo11_s
  • オモシィマグ6

    オモシィマグ6
  • mag4banner

    mag4banner
  • omo10_banner_small

    omo10_banner_small
  • banner14s

    banner14s
  • omoshii 13 申し込み

    omoshii 13 申し込み
  • omo7_small

    omo7_small
  • omoshii12

    omoshii12
  • omo9_small

    omo9_small
  • omo8_small

    omo8_small
  • MAG_BANNER

    MAG_BANNER
  • MAG2_RENSAI_BANNER

    MAG2_RENSAI_BANNER
  • Sparkle

    Sparkle
  • 劇場彷徨人・高橋彩子の備忘録

    劇場彷徨人・高橋彩子の備忘録
  • 大原薫 There’s only here

    大原薫 There's only here