インタビュー & 特集

「僕のセバスチャンの集大成を見せたいという思いで臨みました」 『ミュージカル「黒執事」』古川雄大さんインタビュー

『ミュージカル「黒執事」-Tango on the Campania-』Blu-ray&DVDが6月27日に発売!
枢やなさん原作の人気漫画を舞台化して、今年で10周年。原作の「豪華客船編」をもとに舞台化された本作はさらにスケールアップされた舞台が注目を集めました。
2015年、「地に燃えるリコリス2015」よりセバスチャン・ミカエリス役を務めてきた古川雄大さん。Blu-ray&DVDにあたって、古川さんの代表作の一つになったセバスチャンについて、本作について語っていただきました。(撮影/須田卓馬 文/大原 薫)

INTERVIEW & SPECIAL 2018 6/27 UPDATE

――古川さんにとって今回が3回目となったセバスチャン役。古川さんの中でセバスチャンを演じるということはどういう意味がありましたか。

 いろいろ学ばせていただきました。初めて大きな座組の座長を経験したのもセバスチャンですし、人気作を背負う重圧とかを感じました。あと、自分が(座組を)引っ張っていくという意識が芽生えました。どのくらいのエネルギーが必要で、どういう意識で稽古場にいなきゃいけなくてとか、考えるようになりました。今までは稽古場では自分ことで精一杯だった部分があったのですが、そうも言っていられないと思って。30歳だし(笑)周りをしっかり見なきゃいけない年齢になって、皆を引っ張るという部分でもいろいろ経験させていただきました。
 セバスチャンという役はとても魅力的で想像をかきたてられるんです。答えはありながらも、いくらでもやりようがある役を得て、この役について考える時間も持てたし、セバスチャンを演じる前にはできなかった経験がたくさんできました。本当にセバスチャンで学んだことは多いと思います。

――今、「2.5次元舞台」と呼ばれる作品は数多くありますが、『ミュージカル「黒執事」』シリーズはほかとは一線を画すものだと思います。原作のドラマ性を忠実に表現しつつもエンターテイメントとしてもレベルが高い。独自の位置にある作品だなと思うんです。

 そう言っていただいて嬉しいです。関わったみんなも喜ぶと思います。ほかと比べてどうということではなくて、ちゃんと評価していただいているということがすごく嬉しく思えるくらい、この作品が好きなんです。

yf_02

――今回DVDになる『ミュージカル「黒執事」-Tango on the Campania-』は振り返ってみていかがでしたか。

 そうですね。「豪華客船編」は原作でもクライマックスを迎えるところ。華やかなシーンや盛り上がる場面がありましたし、僕自身も今回が3回目で自分の集大成を見せたいという思いで臨みました。

――豪華客船を描きながら、CGに頼らずに多くのアンサンブルキャストで演劇的に見せる舞台が想像力をかきたてられました。豪華な舞台でしたね。

 そうですよね。装置も豪華だし、キャストにしてもグレル(植原卓也さん)、ドルイット(佐々木喜英さん)、葬儀屋(和泉宗兵さん)がとても贅沢な登場の仕方をしていましたからね。キャストやアンサンブル、スタッフチームも全員がスペシャリストだったなと思います。みんながストイックに取り組んでました。頼りにしていました。

――本作ではシネマティックレコードのシーンで、これまで明かされてこなかったセバスチャンの過去が明らかになる。セバスチャン役としても大きなポイントとなる作品になったんじゃないかなと思います。

 セバスチャンというのは物語に深く関わるというよりは、影の主役という存在のイメージだったんですが、今回は事件に関わって、見せ場もあって、過去も描かれている。やっと『黒執事』の主役になれたかなと思いますね。

――3年目にして。

 はい(笑)。

yf_bamen_1

 

――セバスチャンが執事として仕えるシエル役は前作から引き続いて内川蓮生さんが演じています。内川さんとの関係にも変化があった?

 変わりました。蓮生くんとは仲がいいし、とっても可愛いという部分は変わっていないです。ただ、仕事する上で密に話をするようになりました。喧嘩ということではなくて、蓮生くんが口に出さなくても「あ、今、反発しているな」というふうに感じる瞬間も出てきたんです。それって、なんでも僕の言うとおりにして演じるというのでなくて、自分で考えて芝居をしようとしているということだから、絶対に必要なことだと思うんです。だから、僕も蓮生くんとしっかり話し合いたいなと思ったんです。関係性は前回より深まったと思うし、それがセバスチャンとシエルの関係性にも反映していた気がしますね。

――改めて、古川さんが出演した3作品を振り返ってみるといかがでしたか。まず、最初の出演となった2015年。切り裂きジャック事件を描いた「地に燃えるリコリス2015」はいかがでしたか。

 大変でしたね……(笑)。もちろん3作品とも大変だったんですが、リコリスが一番大変でした。体力的なものもそうですが、初めて背負う重さを痛感した稽古場の日々だったので…。連日悩んで悩んで過ごした日々があったのと、海外公演(上海・北京・深セン)があって食文化の違いに驚きました。

――中国は食文化が違いましたか。

 そうですね。いろいろなものを食べることができて、新鮮でした。「しっかり食べて頑張りなさい」ということをいつも母親から聞いていたので、いつもたくさん食べて公演に臨んでいました。母は大事なメッセージを伝えてくれていたんだなと改めて感じました。

yf_01

――いいお母様ですね。そして、初めて新作として出演したのが「NOAH’S ARK CIRCUS」。セバスチャンとシエルが謎の移動サーカス団に潜入するストーリーです。『黒執事』の中でも特にダークなストーリーで人気の高い「サーカス編」でしたがいかがでしたか?

 前作のリコリスとは色合いが違って、終わり方の切なさに「やっぱり『黒執事』ってこうだよね」と思わせられました。サーカスだけにポップな部分やいろんなキャラクターが出てきますが、描くテーマはとても重いんです。「サーカス編」ではJPOPをやっていらっしゃる和田俊輔さんの音楽で、サーカスの華やかさとポップさが音楽からも表現できていたと思いますね。

――そして、今回の「豪華客船編」と、3作品がとても充実したラインナップでしたね。

 そうですね、原作のファンの方は、原作で読んだものを生で見たいと思うと思うんです。『黒執事』の世界観がそのまま目の前で見られることが2.5次元の醍醐味かなと思うので、原作の中でもこの3作品ができたというのは僕は恵まれているなと思いますね。

――演じてみてわかった『黒執事』という作品の魅力は?

 人間のいい部分も悪い部分も描かれているなと思うんです。それを俯瞰して見ているのがセバスチャンで、底から這い上がっていくのがシエル。運命の中でそれに抗い立ち向かっていく人間の力がこの作品の根底にあるものかなと思いますね。本当に年齢性別問わず引き込まれるストーリーだと思います。

――『ミュージカル「黒執事」-Tango on the Campania-』をBlu-ray&DVDでご覧になる方には、どんなところを楽しんでいただきたいですか。

 初めてこの作品を映像でご覧になっても、生で見たのと同じくらい作品の魅力を体感できるんじゃないかと思います。DVDを作っているスタッフの方たちも愛があって、カメラワークやカット割りも作り込んだものとなっているんです。映像を見ると、自分が提示したものをしっかり拾ってくださっているんだなというのを感じます。そしてすでに舞台でご覧になった方には、よりリアルな表情など細部まで楽しんでいただけると思います。

yf_bamen_2

【プロフィール】
ふるかわ・ゆうた
1987年7月9日生まれ、長野県出身。2012年ミュージカル『エリザベート』ルドルフ役に抜擢され、注目を集める。『ロミオ&ジュリエット』(主演)、『レディ・ベス』『1789 バスティーユの恋人たち』など、舞台を中心に活躍。また全国9か所をアコースティックで回るツアー「古川雄大 Acoustic Trio Tour 2017 〜 Starting Days 〜」を行うなど、アーティストとしても活躍している。現在、主演舞台『モーツァルト!』が上演中。9月から『マリー・アントワネット』に出演。12月に中野サンプラザにて10周年記念ライブ「Yuta Furukawa 10th Anniversary Live [2008-2018]」の開催が決定。

kuroshitsuji_DVD_H1_karu

【リリース情報】

『ミュージカル「黒執事」-Tango on the Campania-』Blu-ray&DVD
発売日:6月27日
価格:<Blu-ray>¥8,000(税別)/<DVD>¥7,000(税別)
発売元:株式会社アニプレックス
販売元:株式会社ソニー・ミュージックマーケティング

原作 : 枢やな(掲載 月刊「Gファンタジー」スクウェア・エニックス刊)
脚本 : Two hats Ltd.
演出 : 児玉明子
出演:古川雄大 内川蓮生
植原卓也 味方良介 原嶋元久 岡崎百々子 髙木 俊 寺山武志 
内海啓貴 秋園美緒 那須幸蔵 河合龍之介/和泉宗兵/佐々木喜英  ほか

収録内容:
本編ディスク(BD/DVD) 2018年2月12日 福岡大千穐楽公演を収録
特典映像ディスク(DVD) メイキング映像/アバーライン&ハンクスの事件簿~カンパニア号見聞録~を収録
特典内容:<初回仕様限定特典>
・三方背ケース・デジジャケット仕様・特製ブックレット

アニメイト限定版同時発売
価格:<Blu-ray>¥8,500(税別)/<DVD>¥7,500(税別)
アニメイト限定版特典:
・枢やな先生描きおろしメッセージポストカード
・アニメイト限定版特典映像DVD(収録内容:日替わり映像集)

© 2017 枢やな/ミュージカル黒執事プロジェクト


  • Google広告 記事下 468×60

  • Google広告 サブバー 200×200

  • オモシィ会員登録

    オモシィ会員登録
  • banner14s

    banner14s
  • 書店バナー

    書店バナー
  • omoshii 13 申し込み

    omoshii 13 申し込み
  • omo7_small

    omo7_small
  • omoshii12

    omoshii12
  • 川本成のオレ哲学

    川本成のオレ哲学
  • バナーomo11_s

    バナーomo11_s
  • 公演情報登録

    公演情報登録
  • omo10_banner_small

    omo10_banner_small
  • anfan

    anfan
  • omo9_small

    omo9_small
  • omo8_small

    omo8_small
  • MAG_BANNER

    MAG_BANNER
  • MAG2_RENSAI_BANNER

    MAG2_RENSAI_BANNER
  • Sparkle

    Sparkle
  • イープラス

    チケット購入はこちらから!
  • 突撃!アヒル感激日記

    突撃!アヒル感激日記
  • 劇場彷徨人・高橋彩子の備忘録

    劇場彷徨人・高橋彩子の備忘録
  • 大原薫 There’s only here

    大原薫 There's only here