anfan

インタビュー & 特集

s_kinkyboots20160720-_D5A0294

SPECIAL! ブロードウェイミュージカル『キンキーブーツ』<日本キャスト版>公演レポ

東京公演を経て、現在大阪で上演中のブロードウェイミュージカル『キンキーブーツ』。想像以上に素晴らしかった日本キャスト版! その公演の模様をレポートします。(取材・文/小野寺亜紀)

INTERVIEW & SPECIAL  2016 8/17 UPDATE

8

三浦春馬さんがオーディションで勝ち取った念願のドラァグクイーン・ローラ役。その華やかな登場シーンから、どよめきと歓声が起きるほどのオーラを放ちます。鍛え上げた筋肉にタイトな衣装が映え、パワフルな歌とダンスは相当稽古をこなした跡がうかがえるキレのよさ。女装姿でチャーミングなのだけど、とにかくその存在自体が格好いい! “人間力”が半端ではありません。

ローラは幼き日、父の期待通りの自分になれなかったというトラウマを抱えています。それは靴工場の跡継ぎとなったチャーリーも同じ。二人が偶然出会い、傾きかけた老舗の靴工場を女装の男性たち向けのキンキーブーツ考案で盛り返そうとします。

5

これぞブロードウェイミュージカルの底力。映画が原作とはいえ、靴工場が舞台というユニークな設定の物語が、「なるほど、そういうことか!」と膝を打ちたくなる完璧なエンターテインメントに仕立て上げられていました。煌びやかな“キンキーブーツ”は、チャーリーやローラのプライド、絆、アイデンティティーの結晶。ローラをはじめドラァグクイーンたちや靴工場の従業員が、靴製造器のベルトコンベアーに乗りながら魅せる1幕ラストのナンバー「EVERYBODY SAY YEAH」など、観客を引きずり込むようなパワフルなシーンが満載。さすが2013年、トニー賞6部門を受賞した作品です。全曲書き下ろしたシンディ・ローパーの楽曲は、どこか懐かしくポップで耳心地がいいものの、歌唱面では相当な技を必要とする起伏に富んだミュージカルナンバーとなっていました。

3

7

これを見事に歌いこなすのが、最近めきめきと成長を見せるチャーリー役の小池徹平さん。特に2幕のソロナンバー「THE SOUL OF A MAN」は、突き抜けるようなハイトーンの歌を、片手を空に伸ばし、床に足を打ちつけながらソウルフルに歌い上げます。透明感のある歌声に、きっちりとチャーリーの心情を乗せているからこその感動。これは三浦春馬さんのローラにも言えることでした。女装姿だけではなく、ときに普通の男性のスーツ姿、ときにボクサーパンツで闘う男など、七変化を見せる彼が歌う2幕の神々しいソロナンバー。これがまた、意外性もあって胸に突き刺さります。ローラの生き様を、全身全霊で体現した三浦春馬さん、この役は伝説となるのでは!? チャーリーとローラが打ちとけあうナンバー「NOT MY FATHER’S SON」での美しいハーモニーも忘れられません。

2

4

1

チャーリーの靴工場の従業員、ローレン役のソニンさんも、チャーミングさと笑いを誘う率直さを巧く出して好演。舞台に大きな弾みを与えていました。美しすぎる“エンジェルス”の男たち、ローラと対立する頑固なドン役の勝矢さんもいい味。

12

11

10

“自分が変われば世界が変わる”“あるがままの他人を受け入れる”というメッセージが、社会という荒波を生きていく私たちに、大きな勇気を与えてくれます。そして父子の絆も考えさせられる普遍的な物語が、深く心に響きました。ラストは出演者、観客が一体となりダンスパーティーのような盛り上がり! 色鮮やかなスポットライトが客席にも照らされ、興奮の波がおさまりません。ダイナマイト級のエネルギーを放つキャストの笑顔、シンディの素晴らしい楽曲が、劇場に魔法をかけたようなひとときでした。

スタンディングオベーション後のカーテンコールでは、小池さんと三浦さんが仲良く腕を組んで登場。「僕たちの公演の後に、世界最高峰の『キンキーブーツ』が日本にやって来ます!」「日本で観れるのは稀ですよ!」としっかり来日版をアピールしていました。お互いをリスペクトしているのが伝わってくる二人のコンビぶりは、22日まで続く大阪公演、その後の東京凱旋公演でもますますパワーアップするでしょう。もう一度楽曲を聴きたい、観たい。そう思える特別な輝きを放つ作品でした。

会見

 

Kinky Boots_kari2V

(C)レスリー・キー

ブロードウェイミュージカル『キンキーブーツ』<日本キャスト版>
脚本:ハーヴェイ・ファイアスタイン
音楽・作詞:シンディ・ローパー
演出・振付:ジェリー・ミッチェル
日本版演出協力/上演台本:岸谷五朗
訳詞:森 雪之丞
出演:小池徹平、三浦春馬、ソニン、玉置成実、勝矢、ひのあらた 他

◆大阪公演
8月13日(土)~8月22日(月) オリックス劇場
S席13,500円、A席11,500円、B席9,500円、C席7,500円、D席5,500円
お問合せ:キョードーインフォメーション 0570-200-888(10:00~18:00)

◆東京凱旋公演
8月28日(日)~9月4日(日) 東急シアターオーブ
S席13,500円、A席12,000円、B席10,000円
お問合せ:サンライズプロモーション東京 0570-00-3337(10:00~18:00)

KB_logo_horizontal_C_0418

ブロードウェイ・ミュージカル『キンキーブーツ』<来日版>
◆東京公演
10月5日(水)~30日(日) 東急シアターオーブ

◆大阪公演
11月2日(水)~6日(日) オリックス劇場

HP http://www.kinkyboots.jp/

 

LINEで送る

  • Google広告 記事下 468×60

  • 楽天広告 記事下 468×160

  • omo9_small

    omo9_small
  • omo8_small

    omo8_small
  • omo7_small

    omo7_small
  • 川本成のオレ哲学

    川本成のオレ哲学
  • オモシィマグ6

    オモシィマグ6
  • mag4banner

    mag4banner
  • omoshii mag vol.5

    omoshii mag vol.5
  • コンビニプリント

    コンビニプリント
  • オモシィマグvol.3

    オモシィマグvol.3
  • MAG_BANNER

    MAG_BANNER
  • オモシィ会員登録

    オモシィ会員登録
  • Google広告 サブバー 200×200

  • omoshii mag

    omoshii mag
  • omoshiimaghassooshirase

    発送状況
  • MAG2_RENSAI_BANNER

    MAG2_RENSAI_BANNER
  • anfan

    anfan
  • chess01

    chess01
  • banner_Elisabeth

    banner_Elisabeth
  • ロミオとジュリエット

    ロミオとジュリエット
  • 公演情報登録

    公演情報登録
  • Sparkle

    Sparkle
  • アプローズ

    アプローズ
  • イープラス

    チケット購入はこちらから!
  • 突撃!アヒル感激日記

    突撃!アヒル感激日記
  • 劇場彷徨人・高橋彩子の備忘録

    劇場彷徨人・高橋彩子の備忘録
  • 大原薫 There’s only here

    大原薫 There's only here
  • メタ情報