anfan

インタビュー & 特集

IMG_2728+(2)

SPECIAL! アイスショー『THE ICE』浅田真央さん&浅田舞さん

浅田真央さんを筆頭に国内外のトップスケーターが集う夏のアイスショー『THE ICE』が、今年も開催されます。10周年を迎えたこのショーに毎年出演する“座長”の浅田真央さんと、2年ぶりに姉妹共演を果たす浅田舞さん。真央さんは今シーズンのエキシビションナンバーを初披露するとのこと。2018年の平昌(ピョンチャン)オリンピックへの率直な想いも語ってくれました。(取材・文/小野寺亜紀)

INTERVIEW & SPECIAL  2016 6/30 UPDATE


フィギュアスケートファンなら今年も豪華なメンバーに期待は高まっているはず。昨シーズンでも活躍した選手をはじめ、人気トップスケーターが集う『THE ICE』が大阪、名古屋、北九州で開催されます。浅田真央さんと浅田舞さんがこのショーで共演するのは今回で5回目。2年前にはディズニー映画「アナと雪の女王」の物語を姉妹ならではのコンビネーションで魅せて、大きな反響を得ました。
IMG_2643浅田真央(以下、真央):これまでの中で、やっぱり“アナ雪”を一緒に滑ったのがすごく思い出に残っています。姉妹の物語ですし嬉しかったです。
浅田舞(以下、舞):姉妹でプログラムをコラボレーションするのはこの『THE ICE』だけ。ファンの皆さんがすごく喜んでくださるのが嬉しいし、毎回大切なプログラムになっています

今年の二人のプログラムについては、これから創作していくとのこと。
真央「お互いの意見やアイデアを出し合い衣装や内容を決めていくので、今年も『こういう曲がいいよね』とか二人で話し合いながら、プログラムは完成していくと思います。
:『THE ICE』は観客の皆さんと選手が一緒になって盛り上がり、楽しめるショーだと思います。記念すべき10周年の『THE ICE』も、今まで以上に最高のショーになると思うので今から楽しみです。

『THE ICE』では毎年チームワーク溢れるオリジナルのプログラムを披露し会場が沸きます。
真央:男子だけのナンバー、女子だけのナンバーも『THE ICE』の見どころです。このショーでしか観られないコラボレーションもあるので、楽しんでいただけると思います。毎年続けて辿り着いたのがこの10周年。今までにないショーになると思うので、私も精一杯頑張りたいと思います。
IMG_2649:男子のナンバーを女子がすごく楽しんで観ていたりと、『THE ICE』は公演中もすごく楽しいです。毎年期間も長いので、みんなでご飯を食べに行ったり。遊園地へ行った年もありました。ツアーとしてすごく楽しんでいます。これだけの世界のメダリストたちの中にいて、私自身恐れ多くて大丈夫かなとも思いますが、大好きなショーなので楽しんで出演し、観ている方にも同じように感じてもらえたらいいなと思います。
真央:海外の選手も“『THE ICE』に出たい”と言ってくれるので嬉しいです。トップのスケーターがこれだけ集まることはなかなかないと思いますし、みんなで一緒に練習できるのがすごく楽しい。氷の上にいられることが楽しいです。やっぱり近くで見て学べることがたくさんあるので、色んな勉強ができればと思います。

真央さんのプログラムの振付をしたこともある舞さん。妹のスケートの魅力について訊かれると、お互い微笑み合う中で、こんな言葉が飛び出しました。
:真央は「踊るリッツの夜」で小道具を使ったり、「メリー・ポピンズ」では可愛いキャラクターを演じたり、「ジュピター」ではグッとくる場面が多かったり…。本当に幅広く色んなものが表現できるスケーターのひとりだなと思います。

真央さんはこのショーで今シーズンのエキシビションナンバーを初披露します。約2週間カナダに滞在し、ショートやフリーの曲も含めて振付を終えたと言います。
真央:これまで色んなエキシビションナンバーを創ってきましたが、それとはまた全然違った、クラシックとモダンが混ざったような独特の世界観になっています。ショートとフリーも含めて3つとも新しいチャンレンジのある曲で、だからこそやりがいがあります。

エキシビションの曲名はお楽しみとのことで、「作曲家だけは…!」と打ち明けてくれました。
真央:バッハの曲で滑ります。毎年ローリー(振付師のローリー・ニコル)が何曲か薦めてくれるのですがその中の1曲で、今回は曲の理解をするためにピアニストの方も呼んでくださいました。いつもは物語を創ってそれを演じていたのですが、「たまには音楽を聴いて、身体が自然に動くようなプログラムを滑ってみたらどう?」と言われ、「じゃあ、この曲かな!」と選びました。結局物語も少しあるのですが、すごく色んな曲が入っていて、浮き沈みがあり、深かったり浅かったりとさまざま。それをスケートのエッジワークなど、自分にしかできない表現でできればと思います。

2018年の平昌(ピョンチャン)オリンピックについて訊かれると、キリッとした表情に。
真央:(オリンピックまでは)本当にあっという間だと思うので、プログラム選びもすごく重要になってきます。自分が一年一年やるべきことをしっかりやっていけば、そこにオリンピックという大きな舞台が待っているはず。現役生活はもうそこまで長くないと思うので、本当に一日一日の練習やスケートに関わること、試合を一つひとつ噛みしめながらできればいいなと思います。昨シーズン試合に出て感じたことは、やっぱりジャンプのレベルを上げること。私も無理をするのではなく、少しでも上のレベルにもっていくことが今の目標です。

選手としての真央さんの言葉を、頼もしそうに聞いていた舞さん。この『THE ICE』のツアーでの経験が、また二人の絆と表現力を高めるに違いありません。


LOTTE presents『THE ICE』真夏の氷上祭典2016
出演:浅田真央、浅田舞、髙橋大輔(大阪公演のみ)、織田信成(大阪公演のみ)、宮原知子、宇野昌麿、村上佳菜子、無良崇人、長洲未来、ジョアニー・ロシェット、カロリーナ・コストナー、ジェフリー・バトル、パトリック・チャン、アダム・リッポン、フローラン・アモディオ、ジェイソン・ブラウン(名古屋・北九州公演のみ)、ケイトリン・ウィーバー&アンドリュー・ポジェ、
佐々木晴也・山下真瑚・山下真瑚(名古屋公演のみ)
江川マリア・古家龍磨・松岡隼矢(北九州公演のみ)

◆大阪公演
7月30日(土)~31日(日) 大阪市中央体育館
アリーナ22,000円、スタンドS 15,000円、スタンドA 9,000円
お問合せ:キョードーインフォメーション 0570・200・888(10:00~18:00)

◆名古屋公演
8月5日(金)~7日(日) 愛知県体育館
S席(1階アリーナ)22,000円、A席(2階スタンド)16,000円、B席(3階スタンド)10000円
お問合せ:中京テレビ・事業部 052・971・2500(9:30~17:30 土日祝除く)

◆北九州公演
8月10日(水)~11日(木) 西日本総合展示場新館 特設アイスアリーナ
SS席22,000円、S席16,000円、A席9,000円
お問合せ:キョードー西日本 092・714・0159

公式HP  http://www.ctv.co.jp/event/the_ice/

LINEで送る

  • Google広告 記事下 468×60

  • 楽天広告 記事下 468×160

  • omo9_small

    omo9_small
  • omo8_small

    omo8_small
  • omoshiimaghassooshirase

    発送状況
  • omo7_small

    omo7_small
  • 川本成のオレ哲学

    川本成のオレ哲学
  • オモシィマグ6

    オモシィマグ6
  • mag4banner

    mag4banner
  • omoshii mag vol.5

    omoshii mag vol.5
  • コンビニプリント

    コンビニプリント
  • オモシィマグvol.3

    オモシィマグvol.3
  • MAG_BANNER

    MAG_BANNER
  • オモシィ会員登録

    オモシィ会員登録
  • Google広告 サブバー 200×200

  • omoshii mag

    omoshii mag
  • MAG2_RENSAI_BANNER

    MAG2_RENSAI_BANNER
  • anfan

    anfan
  • chess01

    chess01
  • banner_Elisabeth

    banner_Elisabeth
  • ロミオとジュリエット

    ロミオとジュリエット
  • 公演情報登録

    公演情報登録
  • Sparkle

    Sparkle
  • アプローズ

    アプローズ
  • イープラス

    チケット購入はこちらから!
  • 突撃!アヒル感激日記

    突撃!アヒル感激日記
  • 劇場彷徨人・高橋彩子の備忘録

    劇場彷徨人・高橋彩子の備忘録
  • 大原薫 There’s only here

    大原薫 There's only here
  • メタ情報