anfan

インタビュー & 特集

_DSC9657

INTERVIEW!『花より男子 The Musical』道明寺司役・松下優也(X4)さん&演出・鈴木裕美さん Part2

世界で初めてミュージカル化されるとあって話題を呼んでいる『花より男子 The Musical』。この作品が初タッグとなる道明寺司役の松下優也さんと演出の鈴木裕美さんに、稽古に入ったばかりのタイミングでお話を伺いました。(取材・文/武田吏都、撮影/熊谷仁男)

INTERVIEW & SPECIAL  2015 12/24 UPDATE

→Part1からの続きです。Part1はコチラ

松下優也と道明寺の共通点は、俺様気質でマイペースなところ?

_DSC9710――現在稽古中ですが、松下さんの道明寺は鈴木さんから見てどんな印象ですか?
鈴木 合ってると思います。砕けた言い方ですけど“道明寺っぽい”。
松下 そう、僕自身もまだ“ぽい”段階なんですよね。
鈴木 最初から“ぽい”以上のものになってたらコワいよ。「キミ、それどこで作ってきたんだ?」って。
松下 (笑)。まわりには「合ってる」と言っていただけるんですけどね。
鈴木 それってどの部分を言っているんだろう。(道明寺の)いい方? 悪い方?(笑)
松下 確かに。共通点といえば若干その、俺様気質みたいなところはあるかもしれないです。それが表に出がち、というか(笑)。あと、(上山)竜治くんにはマイペースってよく言われます。気まぐれなところがちょっとあるので、そういうところなんでしょうか。
鈴木 でもF4は皆わりと……真剣佑くんは初めてご一緒するんですけど、竜治と白洲(迅)くんは前から知ってて、皆さん比較的ゴーイングマイウェイな(笑)。
――松下さんのストレートな恋愛ものって、あまり観たことがない気がします。
松下 思い返してみるとそうですね。まずまともな人の役があまり……って道明寺もそんなまともな人じゃないんですけど(笑)。やっぱり僕は、舞台は『黒執事』から始まってそのイメージがあるからか、アクが強い感じの役が多かったですね。
――道明寺もまたいろんな方が演じてきたりしている大役ですが、やはりプレッシャーは感じますか?
松下 でも今までもその壁を乗り越えてやってきているんですよね。それこそ『黒執事』をやるときもいろいろ言われましたから。やっぱりこういうものってスポーツと違って、好き嫌いが絶対的に分かれるじゃないですか。キリがないので、そこは気にしていられないんですよ。
鈴木 そうね、ほんとにそう。
松下 でも「ドラマとかの道明寺とは違うんやから、比べんといて」とは言わないです。それは、観る人が決めることやから。僕は僕の道明寺を、一生懸命やるだけです。
鈴木 うん、それが普通だよね。そうするべき。

初期のビートルズ的な、シンプルで覚えやすい楽曲に

_DSC9678――そして、これまでのどの道明寺にもなかった要素が“歌って踊る”ということですよね。この作品をミュージカルにしたことの利点は?
鈴木 ストレートプレイで台詞だけを積み重ねていくと、スポーンとは飛べないんですよね。でも音楽がかかってしまうと、あるいは歌ってしまうと、容易にそれができる。だからファンタジー的なことや、例えば天才といった極端な存在を扱うのに、ミュージカルというのは非常に優れたメディアなんです。だから最初に聞いたときも、ストレートプレイにするよりいいのではないかと思いました。
――舞台となる英徳学園のぶっ飛びぶりであるとか(笑)。
鈴木 そうですね。あとミュージカルってものすごく時間軸が自由なので、長いお話を短くまとめなきゃいけないとき、あるいはその逆も自由にできるんですよね。ほんの一瞬感じたことを3分の歌にできたり、あるいは3分の歌で10年経つみたいなことも可能なので。
――音楽監督は、ポルノグラフィティやいきものがかりなどのプロデュースで著名な本間昭光さん。楽曲にはどんな印象が?
松下 ポップスだなぁと感じました。親しみやすい楽曲なので、いろんな人に楽しんでもらえるミュージカルになると思います。演劇というものに普段触れない方でも、スッと入りやすいんじゃないかなという印象がありましたね。
鈴木 音楽についても、本間さんと青木さんと私で「いやいや、このテンポは違うだろう」「このメロディだとここの気持ちよりも明るくなっちゃうよ」とかやり取りしながら詰めていきました。ある意味“J-POP”だと思います。これを言うと自分たちの首を絞めちゃうんですが、初期のビートルズ的なシンプルで覚えやすい感じというか。「狙うべきはそっちだよね」と話していました。
松下 これだけ有名な作品をミュージカル化するという初の試み。やりがいは本当に感じますね。
鈴木 音楽も含めて、ある意味懐かしい、軽やかな青春ものとして楽しんでいただければと思います。青木さんはご自分の劇団とかでは人間のエグみみたいなものをお書きになるけど、最近はこういう社会情勢もあるし、劇場に楽しいものを求めてやってくるお客様の期待にお応えしたいという思いがとても強いんだなぁという風に、ホンを読んでも感じるんです。ご本人もそうおっしゃっていたし。登場人物の恋する気持ちをシンプルに表して、お客様に、「恋ってやっぱりいいなぁ」と思っていただけるミュージカルにしたいと思っています。

松下優也(まつした・ゆうや)(X4)
1990年生まれ、兵庫県出身。2008年にCDデビュー。ボーカリストとしての才能とダンスセンスを生かして音楽活動を行う一方、俳優としても映像や舞台で活躍。09年ミュージカル『音楽舞闘会「黒執事」-その執事、友好-』で初舞台・初主演。近年の出演舞台に、『イン・ザ・ハイツ』主演、『ドリームハイ』主演、『タンブリングFINAL』、『Paco~パコと魔法の絵本~from「ガマ王子vsザリガニ魔人」』など多数。ドラマ『私のホストちゃんS』主演(EX)。映画『明烏』。15年10月、4人組ダンスボーカルユニット「X4」としてXVISIONよりメジャーデビュー。公式サイトhttp://www.matsushitayuya.com

鈴木裕美(すずき・ゆみ)
1982年、日本女子大学在学中に「自転車キンクリート」を結成。小劇場から大劇場、ストレートプレイ、ミュージカルと多種多様なジャンルで活躍中。近年の主な作品に『アンナ・カレーニナ』、『英国王のスピーチ』、『アリス・イン・ワンダーランド』、『パパのデモクラシー』、『宝塚BOYS』、『フランケンシュタイン』、『夜中に犬に起こった奇妙な事件』、『ブラック メリーポピンズ』、『ウインズロウ・ボーイ』などがある。2011年には個人ユニット「鈴木製作所」を立ち上げた。紀伊國屋演劇賞個人賞、読売演劇大賞優秀演出家賞、千田是也賞、菊田一夫演劇賞、芸術選奨文部科学大臣新人賞演劇部門など受賞歴多数。

花より男子 The Musical
原作:『花より男子』神尾葉子(集英社マーガレットコミックス刊)
脚本:青木豪
演出:鈴木裕美
音楽:本間昭光
出演:松下優也(X4) 白洲迅 真剣佑 上山竜治 加藤梨里香
木村了 古畑奈和(SKE48) 玉置成実 寺元健一郎 坂口涼太郎
岩橋大 木村晶子 石井亜早実 大泰司桃子 石丸椎菜
生田智子 吉野圭吾
東京公演:2016年1月5日(火)~24日(日) 会場:シアタークリエ
福岡公演:2016年1月28日(木)会場:福岡サンパレス ホテル&ホール
名古屋公演:2016年2月6日(土)~7日(日) 会場:愛知県芸術劇場 大ホール
大阪公演:2016年2月11日(木・祝)~14日(日) 会場:サンケイホールブリーゼ
詳細はhttp://www.hanadan-m.comをご覧ください。

LINEで送る

  • Google広告 記事下 468×60

  • 楽天広告 記事下 468×160

  • バナーomo11_s

    バナーomo11_s
  • お詫びと修正

    お詫びと修正
  • omo10_banner_small

    omo10_banner_small
  • オモシィ会員登録

    オモシィ会員登録
  • Google広告 サブバー 200×200

  • オモシィマグ6

    オモシィマグ6
  • omo9_small

    omo9_small
  • mag4banner

    mag4banner
  • omo8_small

    omo8_small
  • 川本成のオレ哲学

    川本成のオレ哲学
  • コンビニプリント

    コンビニプリント
  • omo7_small

    omo7_small
  • omoshii mag vol.5

    omoshii mag vol.5
  • オモシィマグvol.3

    オモシィマグvol.3
  • MAG_BANNER

    MAG_BANNER
  • omoshii mag

    omoshii mag
  • MAG2_RENSAI_BANNER

    MAG2_RENSAI_BANNER
  • anfan

    anfan
  • chess01

    chess01
  • banner_Elisabeth

    banner_Elisabeth
  • ロミオとジュリエット

    ロミオとジュリエット
  • 公演情報登録

    公演情報登録
  • Sparkle

    Sparkle
  • アプローズ

    アプローズ
  • イープラス

    チケット購入はこちらから!
  • 突撃!アヒル感激日記

    突撃!アヒル感激日記
  • 劇場彷徨人・高橋彩子の備忘録

    劇場彷徨人・高橋彩子の備忘録
  • 大原薫 There’s only here

    大原薫 There's only here
  • メタ情報