anfan

インタビュー & 特集

_7DM5132 - コピー_pp

mag special INTERVIEW! 『プリンス・オブ・ブロードウェイ』柚希礼音さん

6年以上宝塚歌劇団星組トップスターを務め、5月に惜しまれつつ退団した柚希礼音さんが、10月23日開幕の話題のミュージカル『プリンス・オブ・ブロードウェイ』に出演。巨匠ハロルド・プリンス氏が新たに手掛ける世界初演作に、日本人唯一のキャストとして参加する意気込みなど色々と伺いました。(文/小野寺亜紀)

INTERVIEW & SPECIAL  2015 10/23 UPDATE


 宝塚歌劇団を退団して10日後に、「柚希礼音、ブロードウェイに向けて大きく羽ばたく!」と、『プリンス・オブ・ブロードウェイ』への出演が発表され大きな反響を巻き起こしました。巨匠ハロルド・プリンスが手掛けた作品から名曲・名場面をセレクトし、彼の人生を紡ぎ出す豪華なミュージカル・ショー。日本で上演される世界初演作に出演、これが成功すればブロードウェイ進出も夢ではありません。
「ハロルドさんと言えば、私の大好きなファントム(『オペラ座の怪人』)など数多くの舞台を作られた伝説の方。あまりに挑戦すぎるとも思いましたが、ファンの皆さまは守りに入っている柚希礼音よりも、たとえ失敗しても挑戦している姿に何かを感じて頂けるのではと思い、出演を決めました」

 幼い頃からクラシックバレエ一筋だった柚希さんは、すでに高校生のときにアメリカへの夢が芽生えたと言います。
「宝塚を知る前に、実はアメリカン・バレエ・シアターに願書を取り寄せていました。でも家族に『日本でもっと勉強しては』と言われ、その後宝塚音楽学校を受験することに。宝塚と出会えてそれは本当に良かったのですが、海外留学を諦めたという気持ちはずっと残っていました。だからこのお話を頂いた時、『ブロードウェイに憧れていたことを、どうして知ってたの?』と思いました(笑)。あまりにもピンポイントの素晴らしいお話だったので。宝塚にいたからこそ、このお話につながったので、目の前のことを一つひとつやり遂げることが大切だと改めて感じました」

 昨年の日本武道館コンサートの前、勉強のためニューヨークを訪れていた時にハロルドさんに会い、英語で歌を披露。その歌声に彼は驚いたと語っています。
「歌わせて頂いたら『チタ・リヴェラのキーだね。女性でこういう低い声の方はなかなかいないので、その声を大切にしましょう』と言って頂いて。まさかあの時の出会いが、こんな大きなお仕事になるとは想像できませんでした。『オペラ座の怪人』のクリスティーヌさんも、『レ・ミゼラブル』のジャン・バルジャンさんも出られるような舞台! 私はブロードウェイに憧れたレオンという役で出演します。スーザン・ストローマンさんの振付でたくさん踊れるようで本当に光栄です。スーザンさんの作品を生で拝見したことはないのですが、すごい振付家の方ですし、映像などを観て今勉強しています。スーザンさんは私の現役時代の踊りを映像でもいっぱい観て下さっているようでとてもありがたいです」

『蜘蛛女のキス』のナンバーは日本語で披露し、今年のトニー賞にもノミネートされたウィリアム・アイヴィ・ロングさんの衣裳も楽しみ!
「『蜘蛛女のキス』は宝塚の先輩の麻実れいさんなども演じてらっしゃる役。映画やストレートプレイを観て勉強しました。衣裳はファンの皆さんがショックを受けないように、でもせっかくなので挑戦できる何かを見つけたいです」

 ブロードウェイと言えば、今年『王様と私』に出演した渡辺謙さんがトニー賞にノミネートされ話題となりました。柚希さんも渡辺さんに勇気をもらったそうです。
「謙さんのドキュメンタリー番組を観て、震え上がりました。“批判を受けても、自分の立場を一度壊してでも思い切って挑戦する”というような言葉がとても響きました。私は宝塚でも毎公演、高すぎる壁をよじ登っていくような日々だったけれど、壁を登れば幸せが待っていることを何度も味わいました。今回の壁はもっと高いかもしれないし、なかなか登れないかもしれない。でも自分の可能性を一番信じるのも自分。歌やダンスもまだまだ伸びしろがあると信じていますし、この“運”をきちんとつかんで頑張りたいです」

 退団後は温泉へ行ったり、宝塚時代はなかなか経験できなかったランチも楽しんでいるそう。
「現役中は朝ごはんをしっかり食べる毎日。退団して、朝ごはんはそこまで食べなくて良かったんだと気付いたのも新しい発見です(笑)。ニューヨークへ行く前に体の軸を整えようと前からTRFのSAMさんに勧めて頂いたところへ行きました。するといつも舞台で大きな羽根を背負っていたからか腹筋より背筋がすごく強いことが分かって。そのバランスを整えるトレーニングに『なるほど!』と思いました。クラシックバレエももう一度きちんとやり直したいですね」

 舞台人としての天性のオーラと鍛え抜いた技術に加え、驚くほど努力家という一面を持つ柚希さん。今後も邁進しながら、大きな足跡を残していくはずです。
「宝塚時代もそうだったのですが、“立派な人になりたい”と思ってもなれなかった。一つひとつ大切にこなしているうちに、振り返れば幸せな宝塚人生がありました。これからもやはり舞台はやっていきたいですが、はっきりした夢や目標を決めず、目の前のことを大切に、限界を決めずに“挑戦”していきたいです」

※『omoshii mag vol.3」では柚希礼音さんのロングバージョンのインタビューや写真、記者会見の様子などを掲載!

【プロフィール】
柚希礼音(Reon Yuzuki)
大阪府出身。1999年に宝塚歌劇団で初舞台を踏む。下級生の頃から注目を浴び、2009年に星組トップスターに就任。ダイナミックなダンスや低音が響く伸びのある歌声などを活かし、日本初演の仏発ミュージカル『ロミオとジュリエット』、『オーシャンズ11』、宝塚100周年の話題作『眠らない男・ナポレオン-愛と栄光の涯に-』などを成功へ導く。初の宝塚台湾公演では海外にもファンを拡大。2014年にはタカラジェンヌで16年ぶりの日本武道館単独コンサートも実現する。第30回松尾芸能賞新人賞・第65回文化庁芸術祭賞演劇部門新人賞・第37回菊田一夫演劇賞受賞。2015年5月10日、東京宝塚劇場前に宝塚史上最多の約1万2000人集まったファンに見送られ宝塚を退団。

【データ】
三井住友VISAカードpresents
ワールドプレミア ミュージカル『プリンス・オブ・ブロードウェイ』
演出:ハロルド・プリンス
共同演出・振付:スーザン・ストローマン
脚本:デヴィッド・トンプソン
音楽スーパーバイザー・編曲:ジェイソン・ロバート・ブラウン
舞台美術デザイン:ベオウルフ・ボリット
衣裳:ウィリアム・アイヴィ・ロング
出演:ラミン・カリムルー、柚希礼音、シュラー・ヘンズリー、ケイリー・アン・ヴォーヒーズ、エミリー・スキナー、ナンシー・オペル、デヴィッド・ピトゥ、マリアンド・トーレス/市村正親(プリンス役声の出演)、ほか

◆東京公演
10月23日(金)~11月22日(日) 東急シアターオーブ
◆大阪公演
11月28日(土)~12月10日(木) 梅田芸術劇場メインホール
公式HP  http://pobjp.com/

LINEで送る

  • Google広告 記事下 468×60

  • 楽天広告 記事下 468×160

  • omo10_banner_small

    omo10_banner_small
  • omo9_small

    omo9_small
  • omo8_small

    omo8_small
  • omo7_small

    omo7_small
  • 川本成のオレ哲学

    川本成のオレ哲学
  • オモシィマグ6

    オモシィマグ6
  • mag4banner

    mag4banner
  • omoshii mag vol.5

    omoshii mag vol.5
  • コンビニプリント

    コンビニプリント
  • オモシィマグvol.3

    オモシィマグvol.3
  • MAG_BANNER

    MAG_BANNER
  • オモシィ会員登録

    オモシィ会員登録
  • Google広告 サブバー 200×200

  • omoshii mag

    omoshii mag
  • MAG2_RENSAI_BANNER

    MAG2_RENSAI_BANNER
  • anfan

    anfan
  • chess01

    chess01
  • banner_Elisabeth

    banner_Elisabeth
  • ロミオとジュリエット

    ロミオとジュリエット
  • 公演情報登録

    公演情報登録
  • Sparkle

    Sparkle
  • アプローズ

    アプローズ
  • イープラス

    チケット購入はこちらから!
  • 突撃!アヒル感激日記

    突撃!アヒル感激日記
  • 劇場彷徨人・高橋彩子の備忘録

    劇場彷徨人・高橋彩子の備忘録
  • 大原薫 There’s only here

    大原薫 There's only here
  • メタ情報