anfan

連載

tittle_Elisabeth

第5回 古川雄大さん

エリザベート開幕まで、カウントダウン! そこで、omoshiiオモシィでは、隔週ならぬ、ほぼ隔日で、新キャストを中心にインタビューを掲載。撮りおろし写真とともに、現在の意気込みをお伺いします。 さて、集中連載第5回は、新ルドルフ、古川雄大さんの登場です!

COLUMN  2012 5/4 UPDATE

今回の『エリザベート』も話題の新キャストがそろっていますが、中でも新ルドルフ3人の存在は、大きな注目の的です。そこで、三者三様に魅力をはなつルドルフたちに、順番にお話を伺いました。最後は、ミュージカル『テニスの王子様』で人気を博し、ミュージカル『ファントム』の端正な姿でミュージカルファンから注目され、今回、美しきプリンス役を射止めた古川雄大さんです。(取材・文/大原薫、撮影/望月研)

――ルドルフ役をどう演じたいとイメージしていますか?

ルドルフは自分の中に孤独を抱えている人物だと思いますね。そして、ハプスブルク家を救うために自分でいろいろとトライしていくところがある人だから、本来は精神的にも強いものを持っていたと思うんです。でも、その強さが次第に崩れていく様子を描き出したい。そして、最終的には希望が残るような演技にしたいですね。

――希望ですか。

ルドルフが亡くなった後、ルドルフが思い描いていたように時代は変わっていったところもある。ルドルフもただ無為に亡くなったわけでなく、何かを残せた人だと思うんですね。その希望の部分も描けたら、と思います。僕は先輩の方がどう演じているかも気になるのですが、僕にしかできないことをやりたいと思っているので。新しい発想を取り入れていきたいなと思います。

――稽古での感触はいかがですか?

稽古が進んでいくと、自分が思い描いたものとは変わっていくと思うけれど、最終的には自分の思いのままにまっすぐに、ぶれないで演じたいです。台本を読んでいろいろ調べた限りでは、いろんなルドルフが存在するなと思って。そこに今回も前回もトリプルキャストだった意味がある気がするんです。その中で自分のルドルフを作らないといけない。いろいろな意見に耳を傾けながら、最終的にはまっすぐにルドルフを演じたいと思っています。

――『エリザベート』という作品で魅力に感じるところは?

『エリザベート』が長く続いているのはちゃんと理由があることだと思いますね。魅力もとてもたくさんあると思う。内容としてエリザベートという強い女性の生き方が描かれているところ、そしていろいろな登場人物が運命の渦に巻き込まれていくところが魅力だと思いますね。もちろん、歌のナンバーも素晴らしい楽曲だし、魅力を言い出したら言いつくせない。ルドルフという存在もとても魅力的だと思う。

――作品としては最後の方に登場して、ルドルフの生涯を約20分の出番ですべて生き切る、という役ですものね。

そうなんです、そこですべてを表さなければいけない。難しいですが、挑戦していきたいです。

――最後にお客様へメッセージをお願いします。

今回はルドルフ役はトリプルキャスト。三者三様のルドルフになると思うので、ぜひ3人とも見ていただきたいなと思います。ほかのキャストの方々ともいろんな組み合わせで見られるのも魅力の一つだと思うので、楽しみにご覧いただけたらうれしいです。

 

★それでは古川さんからのムービーメッセージをどうぞ!

 

お知らせ1★次回は、初演からたたたひとりでルキーニを演じ続けてきた髙嶋政宏さんです。お楽しみに!

お知らせ2★ルドルフ役・古川雄大さんの生写真つきサイン色紙を抽選でプレゼント! くわしくはプレゼントコーナーをご覧ください。

お知らせ3★
演劇ファンの皆様へお知らせです! 演劇&エンタメ系WEBマガジンomoshiiオモシィの姉妹版、Web連動型リアルマガジン『omoshii mag』(オモシィ・マグ)がまもなく発売されます! インタビューはこのWeb版の200パーセント増! Webサイトではなかなか実現できない、クオリティの高い写真も多数掲載! 1号目の特集はミュージカル『エリザベート』。もちろん古川さんのかっこいい写真もインタビューもたっぷり掲載しますので、お楽しみに!! 手元に残しておきたい保存版シリーズです。発売は6月4日予定。詳細は近日公開いたします!

プロフィール
ふるかわ・ゆうた
 1987年7月9日生まれ、長野県出身。ミュージカル『テニスの王子様』4代目不二周助役で一躍人気を博す。その後、ミュージカル『ファントム』や舞台『風魔の小次郎』『深説・八犬伝~村雨恋奇憚~』、音楽劇『醒めながら見る夢』などに出演。主演映画『僕らはあの空のしたで』『石の降る丘』や映画『BECK』など、映像の仕事も多い。映画『愛を歌うより俺に溺れろ』が2012年公開予定。


公演情報
ミュージカル『エリザベート』
2012年5月9日〜6月27日 帝国劇場
2012年7月5日〜26日 博多座
2012年8月3日〜26日 中日劇場
2012年9月1日〜28日 梅田芸術劇場 メインホール
脚本・歌詞:ミヒャエル・クンツェ 
音楽・編曲:シルヴェスター・リーヴァイ
演出・訳詞:小池修一郎
出演/春野寿美礼、瀬奈じゅん、山口祐一郎、石丸幹二、マテ・カマラス、髙嶋政宏、石川禅、岡田浩暉、寿ひずる、杜けあき、今井清隆、大野拓朗、平方元基、古川雄大ほか
問い合わせ:東宝テレザーブ:03-3201-7777
http://www.tohostage.com/elisabeth/


 

 

 

  • Google広告 記事下 468×60

  • 楽天広告 記事下 468×160

  • omo10_banner_small

    omo10_banner_small
  • omo9_small

    omo9_small
  • omo8_small

    omo8_small
  • omo7_small

    omo7_small
  • 川本成のオレ哲学

    川本成のオレ哲学
  • オモシィマグ6

    オモシィマグ6
  • mag4banner

    mag4banner
  • omoshii mag vol.5

    omoshii mag vol.5
  • コンビニプリント

    コンビニプリント
  • オモシィマグvol.3

    オモシィマグvol.3
  • MAG_BANNER

    MAG_BANNER
  • オモシィ会員登録

    オモシィ会員登録
  • Google広告 サブバー 200×200

  • omoshii mag

    omoshii mag
  • MAG2_RENSAI_BANNER

    MAG2_RENSAI_BANNER
  • anfan

    anfan
  • chess01

    chess01
  • banner_Elisabeth

    banner_Elisabeth
  • ロミオとジュリエット

    ロミオとジュリエット
  • 公演情報登録

    公演情報登録
  • Sparkle

    Sparkle
  • アプローズ

    アプローズ
  • イープラス

    チケット購入はこちらから!
  • 突撃!アヒル感激日記

    突撃!アヒル感激日記
  • 劇場彷徨人・高橋彩子の備忘録

    劇場彷徨人・高橋彩子の備忘録
  • 大原薫 There’s only here

    大原薫 There's only here
  • メタ情報